home > ブログ > CASA x CASA > 防音のはなし

BLOG

防音のはなし

先日、防音についての講習を受けてきましたので、今日はその話を少ししたいと思います。

家を建てる(リフォームする)場合に、音は大変デリケートな問題になってくる場合があります。

音の伝わり方には2種類あり、

1、空気を伝わって耳に響く「空気伝搬音」・・・・テレビの音など、ピアノの音….

2、壁や床などの個体を伝わってくる「個体伝搬音」・・・・上階の足音、機械の振動音など…..

があるといわれています。

また一般的に、住宅の防音を考えるとき、

1、外からの音の侵入を抑制すること。

2、家の中の音を外にもらさないこと。

3、家の中における空間と空間の遮音。

快適な暮らしを営むためには、2種類の音に対して、3つの防音対策が必要なのです。

具体的には、

・床・壁・天井材の重量をアップする。

・床・壁・天井材や窓を二重にする。

・隙間をなくす。

・共鳴を防ぐ。

などがありますが、ただやみくもにボードやガラスを重ねたり、

間違った場所に施工しても、効果を期待でない場合があるのです。

興味がある方は是非ご相談下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ