home > ブログ > CASA x CASA > 撒塩

BLOG

撒塩

新築時にはよく地鎮祭をします。

作業をする前に、その土地のケガレを清め祓って、土地に宿る神霊を鎮めるためで、

作業の安全祈願のお祭りです。

その際に、盛り砂や四方に塩を撒きます。

なぜ塩を撒くのか?

日本人は古来、塩には不浄やケガレを祓い、清める力があると考え、神聖な場所に供えたり、

用いたりしてきました。

そもそも、塩は人間が生きて行く上で必要ミネラル。

昔の日本人にとっては貴重なものだったんですね。

塩は物が腐敗するのを防いだり、漬ける事で長期保存を可能にしたり、

よって不思議な力があると考えられていたようです。

 

古来から現代まで、塩の不思議な神通力は変わっていないんですね。

いざ、地鎮祭!

このページの先頭へ