home > ブログ > CASA x CASA > 吹き抜けについて②

BLOG

吹き抜けについて②

以前、吹き抜けのメリットについて、ご紹介をさせて頂きましたが、

今回はデメリットについて、お話をさせて頂きます。

 

①2階のスペースが削られる

 吹き抜けをつくると、1階から2階に空間を広げるので、自然と

 2階の部屋数が少なくなります。

 

②掃除が大変になる

 吹き抜けをつくると意外に見落とされがちなのが、掃除です。

 特に窓の掃除が大変で、外側はクモの巣や泥、ホコリが飛来

 することによる汚れが目立ってしまします。

 吹き抜けの場合、高い位置に窓があるわけですから、簡単に

 掃除することが出来ませんので、場合によっては専門の業者に

 頼む必要が出てきます。窓の内側も同じことが言えます。

 

③音や匂いが筒抜けになります。

 吹き抜けをつくることで一番多い悩みが、実は音の問題です。

 家族の気配を感じることが出来る一方で、家族の声が筒抜けに

 なり、プライベートな空間を確保することが難しくなります。

 子供が大きくなってプライバシーの確保が優先しがちになった

 場合は、吹き抜けのある家は途端にデメリットが増す可能性が

 あります。

 また匂いの問題ですが、特にキッチンからリビングダイニングに

 続く間取りとなっている場合に、料理の匂いが2階まで普通に

 上がり、吹き抜けに隣接している場所で洗濯物を干している場合は、

 当然のように匂いがついてしまします。

 

 よく「吹き抜けの家は、冬は寒い」というお話を耳にします。

 現在の一般的な家は、性能があがっているため一概には冬は寒い

 家になるということは言えません。要は、家の断熱性と気密性に

 よりまして、現在の家は冬場が寒いなんていう事はありませんので、

 ご安心下さい。

 

 最後に、吹き抜けのメリットは同時にデメリットにもなる構造なので、

 建てる家の希望条件などをしっかりと考えた上で、吹き抜けを採用

 するかどうかを検討されたら良いと思います。

 今後の家づくりのご参考までに。

 

 

このページの先頭へ