home > ブログ > CASA x CASA > 爽やかに

BLOG

爽やかに

北海道もだんだん暑くなってきました。

 

さて、最近では北海道の住宅でもエアコンを設置されている方も多いと思いますが、これからの暑くなる時季、電気代を気にされる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

なので、ちょっとした節電方法をまとめてみました。よろしければ参考にしてくださいね。

 

1.基本的に「自動運転」を使う・・・エアコンの自動運転は電源を入れて適温になるまでは強風、その後、設定温度になったら自動的に微風に切り替わるように設定されています。風力が弱すぎると部屋が冷えるのに時間がかかるため、逆に電気代がかかります。また、ものすごく部屋が暑い状態の時は、エアコンのスイッチを入れる前に、一度窓を開けて部屋の換気をしてからエアコンを使う方が効果的です。

 

2.エアコンの吹き出し口の近くに、大型の家具や家電などを置かない・・・エアコンの風の通り道に大型の家具があると、そこで冷気が遮られてしまい冷房効率が悪くなります。どうしても風通しが悪い配置の場合は、扇風機やシーリングファンなどを併用して風の流れを変えてみてください。

 

3.設定温度に注意・・・参考までに、一般的にエアコン(冷房)の設定温度を1度上げると、約10%程の節電になると言われています。

 

などなど、と書きましたが・・・

もし本当に暑いときは、あまり無理をせず、

熱中症などに十分に気を付けて、快適なお部屋でお過ごしください。

 

爽やかな北海道の夏を満喫してくださいね。

このページの先頭へ