home > ブログ > CASA x CASA > 構造・安心の基本

BLOG

構造・安心の基本

築年数が半世紀になる建物の調査に行ってきました

2階以上は傾きが【半端ないって】

ここまではヒドいのは珍しいですが こういった建築物を造ってはいけないと改めて思いました

話しは少し変わりますが 西日本の水災や大阪の地震など 建物は様々な状況に対して安全第一を

求められます 当たり前のことですが業界的にまだまだ中途半端な段階です

 

当社は最低限のルールとして 全棟許容応力度計算をしています

この計算は義務ではありませんが この計算をして初めて基礎も計算されることになります

デザインと性能のバランスをちゃんと考えてやっていこう!

このページの先頭へ