home > ブログ > MRP 780

BLOG

MRP 780

KARE

KARE

ドイツ発。1年間に2000アイテムの新作を発表するデザインレーベル。
1981年、ドイツミュンヘンの郊外に40㎡の小さなショップとしてKAREは産声をあげました。現在では、世界40か国・120以上の店舗で展開されています。2800㎡のREDBOXと呼ばれる巨大ショールーム(ドイツ、ミュンヘン)にて5000種類以上の自社デザインアイテムを紹介しているリヨのお家にも合いそうなブランドです。

 

今日、お客様とお打合せで「BoConcept」へ行ってきました。

以前東京でショップへ行ったときは結構北欧系の家具が多くて

インダストリアルな印象はなかったのですが、

今日行くと「あーモデルに置きたい」と思うようなアイテムが!

この辺カッコよいと思いませんか?

久しぶりにテンションが上がり、お客様とも盛り上がりました。

これからのリノベーション住宅の家具もこちらで購入するようで

きっとかっこいいお家になると思います!

完成後はオープンハウスをさせて頂けるようなので楽しみにしていてください。

 

 

 

最近のガスコンロについて

新築・リフォームの際に、こだわって選ばれる方もおられる

キッチンのガスコンロ。

最近のちょっといいコンロには「ごはん」モードが搭載されています。

電気炊飯器が主流ですので、この「ごはん」モードを使ったことがない方も

多いと思います。

そこで、ぜひ一度試していただきたいと思いご紹介いたします。

 

私の家では、必ずこの「ごはん」モードで炊飯します。

 

美味しいご飯になるためには「火力」が不可欠となりますが

コンロには電気炊飯器を上回る火力があります。

では、美味しく炊くためには・・・・・・。

私の思うポイントを紹介したいと思います。(かなり個人的な意見になってます)

 

① とぐ ・・・ といではダメという方も多いですが、必ずとぎましょう。

       1合につき10回程度、米粒がくだけない程度の力でといでください。

② 洗う ・・・ あまり洗うと旨みが無くなるといいますが、洗ってください。 

       洗いが足りないと、糠の匂いが気になります。好みにもよりますが・・・。

③ 鍋 ・・・ 炊飯専用鍋も販売されていますが、一般の鍋でもOK。

       出来るだけ厚いものを選んでください。専用鍋を上回る場合もあります。

④ 水 ・・・ 浄水器がある方はそれで構いませんが、無い方はミネラルウォーター

       を最後に使ってください。(必ず軟水系のものを)洗いは水道水で構いません。

⑤ 水の量 ・・・ 米は秋に収穫され、だんだん水分が抜けていきます。

        新米から遠ざかるにつれて、水の量を少しずつ増やしてください。

⑥ 砂糖 ・・・ 米自体が美味しくないと感じた場合には、小さじ一杯の砂糖

        を入れてください。ガラッとかわります。反則かもしれませんが・・。

⑦ 思い ・・・ 「うまい」と思って食べてください。だいたい美味しくなります。

 

もしかすると最後の「思い」が大切かもしれません。

家づくりへの「思い」もきっと同じのように思います。

思いがあればきっと素敵な家づくりになるのではないでしょうか?

 

 

マンションリノベーションが始まりました

 

マンションリノベーションの工事が先週から始まりました。

解体が始まり二日ほどですっかりスケルトンに近くなります。

今回は、クラフトのイメージで内装を仕上げます。

お客様の協力もあり、どんどん工事が進んでいきます。

でも、やはり解体するとプラン通り出来ないことも出てきます。

ですので、お客様に現地でしっかりお打合せで説明し、

一緒に作り上げていくことが必要になります。

いずれにしましても、お客様との信頼感がとても大事になります。

もう少しできてきたらまたUPしますので、

どんな風に進んでいくかぜひご覧ください。

リヨでは、780パックがあります。

そちらのページもぜひご覧ください。

こちらから→http://casa-casa.co.jp/lp/vol01/

Replan掲載しました

創刊30周年記念号ReplanにM様邸が掲載!

なんと6ページにわたって掲載しておりますので

是非ご参考にご覧くださいね。

家づくりのヒントがたくさんあるかと思います。

 

 

 

 

 

無垢材

先日、北海道が主催する木材の勉強会に参加してきました。

この業界で十数年居りますが、無垢材の効果で初めて知ったことが

ありましたので、皆様にもぜひご紹介したいと思います。

無垢材には調湿効果や消臭効果、抗菌効果があることはご存知かと思います。

人をリラックスさせる効果があるのです。

それに加えて、目に良いというお話を聞きました。

木には紫外線を吸収する作用があるそうです。

ですので、無垢材を使用したお家に住んでいる方は通常より目の病気、

白内障などになりづらいという統計が出ているそうです。

弊社は標準仕様で無垢材を多く使用しています。

自然素材でリラックスでき、体にも良いということ。

これからも自信をもって無垢材をお客様にご提案していきます。

室内干し

梅雨の時期に入ると洗濯ものは室内干しになり、乾きにくい、干す場所がない、部屋がジメジメする・・

などの問題が出てきますよね。

そこでランドリールームやサンルームが活躍してくれます。

省スペースで、と考えた時には、洗面脱衣所やキッチンの近くに、あまり人が通り抜けない廊下があればそこを洗濯物干し場として利用する方法もあります。

廊下はある程度の距離(長さ)があるので、廊下幅をやや広く取り、廊下の片側の天井または壁に物干しざおを掛ける金具を取り付けます。

廊下は意外と風が抜けるため、乾きがよくなります。

洗濯は毎日することなので、住宅の間取りを計画する時から検討材料に入れておくといいですね。

爽やかに

北海道もだんだん暑くなってきました。

 

さて、最近では北海道の住宅でもエアコンを設置されている方も多いと思いますが、これからの暑くなる時季、電気代を気にされる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

なので、ちょっとした節電方法をまとめてみました。よろしければ参考にしてくださいね。

 

1.基本的に「自動運転」を使う・・・エアコンの自動運転は電源を入れて適温になるまでは強風、その後、設定温度になったら自動的に微風に切り替わるように設定されています。風力が弱すぎると部屋が冷えるのに時間がかかるため、逆に電気代がかかります。また、ものすごく部屋が暑い状態の時は、エアコンのスイッチを入れる前に、一度窓を開けて部屋の換気をしてからエアコンを使う方が効果的です。

 

2.エアコンの吹き出し口の近くに、大型の家具や家電などを置かない・・・エアコンの風の通り道に大型の家具があると、そこで冷気が遮られてしまい冷房効率が悪くなります。どうしても風通しが悪い配置の場合は、扇風機やシーリングファンなどを併用して風の流れを変えてみてください。

 

3.設定温度に注意・・・参考までに、一般的にエアコン(冷房)の設定温度を1度上げると、約10%程の節電になると言われています。

 

などなど、と書きましたが・・・

もし本当に暑いときは、あまり無理をせず、

熱中症などに十分に気を付けて、快適なお部屋でお過ごしください。

 

爽やかな北海道の夏を満喫してくださいね。

アフターメンテナンス

弊社ではお引渡後から6ヶ月、1年、2年とアフターメンテナンスを行っております。

大まかに外部、内部、設備、構造の点検を行っており、

目視や作動させて問題がないかを点検してます。

もちろん、2年目以降のアフターも受け付けておりますので気になる点等ありましたら

お気軽にご連絡いただければと思います。

 

5月よりHP内に

オーナー様専用サイトを開設致しましたので、

こちらからも定期点検やお問合せ等お申込みいただけますのでご覧くださいね。

こちらをクリック↓

http://casa-casa.co.jp/tenkenform/

 

カーテン

来月オープンする新しいLABOモデルハウスに

取り付けるカーテンの打ち合わせに行ってきました。

リヨのお客様はだいたい「カーテンLABO」さんで

カーテンを決める方が多いです。

会社から近いというのも利点ですが、

ショールームがとにかく品ぞろえが多いので

安心して選んで頂けるようになっています。

モデルにはクリップでカーテンをとめるタイプの

デサインをチョイスしてきました。

仕上がりが楽しみです。

おうちづくりの仕上げになるカーテン選び。

リヨでは色々な提案をしていきます。

 

 

無垢の木の床

お部屋の印象を決めるポイントと言えば

やっぱり床材は大事ではないかと思います。

 

リヨ・デ・ホームではいろいろな樹種の無垢材を扱っています。

しっかりとした踏み心地でナチュラルな雰囲気のナラ材↓

上の写真の材料は節のあるタイプです。

 

どことなくビンテージ感を漂わせるカバ材↓

すべすべして気持ちいいです。

 

その他にもマツ・スギなどの無垢材を扱っています。

それぞれに個性がありますので、踏みくらべてみるのも面白いと思います。

 

モデルハウスの床もすべて無垢材で、各モデルハウスによって違うので

お越しの際は違いを確かめてみてはいかがでしょうか。

1234
このページの先頭へ