home > ブログ > 2015年02月

BLOG

2015年02月

住宅エコ設備セミナー

表題のセミナーが昨日 ニューオータニイン札幌で行われました

折角なので 一部だけですがブログを読んで下さっている皆様にお伝えします

 

太陽光パネル

10キロワット未満は今も余剰電力の買取りが続いているので 相談を受けることがありますが知られていない事項が結構あります

・パワーコンディショナーの設置場所を選ばないと モスキー音が気になって寝れない

・重さも雪と合わせると数トンの重さがかかってくるので 構造計算をしないと危ない

実際に家に不具合が起きていたり 風で落ちてしまった事例もあります

・反射にて近隣から苦情が来る 設置する家だけでなく 周辺環境も下調べが大事

等々…

今は良いものもすごく増え 消費者にとって選択の幅も広がり夢が広がる反面 最前線では細かな問題点もあるので 目先の利益や初期コストに踊らされずに専門家に相談しながら計画しましょう

素敵な椅子達

家具の中で椅子を選ぶ際、ソファやダイニングチェアは多くの方が気にされるアイテムですが、

意外と注目されないのが、一人掛のチェア(ソファ)だと思います。

今回はその中でも代表的な物をいくつか紹介します。

エッグチェア(アルネ・ヤコブセン)・・・・ 1958年にホテルのラウンジに設置する為に作られたイスです。包み込むような座り心地良さと、丸みを帯びたデザインが特徴です。

バルセロナチェア(ミース・ファン・デル・ローエ)・・・・ 1915年の バルセロナ博覧会で、バルセロナ・パビリオンを設計し、その際スペイン国王をお招き するためにデザインされた椅子。椅子の王様とも言われています。

パイミオ(アルヴァ・アアルト)・・・・ 1930年頃にフィンランドのパイミオにある療養施設のためにデザインされたもので、座面と背もたれが一体型の成形合板でできています。

LC4(シャルロット・ペリアン)・・・・ 1928年に建築家ル・コルビジェのアトリエで進行していたチャーチ邸の為にデザインされたもので、身体のラインに沿ったクッション入りの座面が非常に快適で、別名「カウボーイチェア」とも呼ばれています。

ハイバックチェア(ブルーノ・マトソン)・・・・ 1974年に天童木工から日本人の 為の快適なイスのデザインを依頼され、畳の生活と日本人の体形に合う椅子です。

チーフティンチェア(フィン・ユール)・・・・ 1949年にデザインされたもので、フィン・ユール自身が自宅の暖炉の前でくつろぐ為に デザインされたと言われています。

残念な事に当社で販売はしておりませんが、

一人でゆっくりくつろぎたい時、お気に入りの映画を見るとき、読書に集中したい時など、

このような素敵な椅子をリビングや書斎に一つ置くのも良いと思います。

「この椅子に似合う家を建てたい!」

なんて考えて建てる家も、それはそれで有りなのかもしれませんね。

 

 

 

 

CASA×CASAモデルハウス

CASA×CASAモデルハウスは大工工事 真っ只中です

無垢床フロアーを貼りましたので その一部をご覧いただきたいと思います

IMG_4205

おなじみのナラの無垢フロアーです

写真ではわかりづらいかと思いますが ホワイトで塗装しています

ほんのりと色がついた感じが 優しい感じです

オープンハウスご来場の際には 是非感じてみて下さい

アクセサリー

DSC06153

新しいモデルの他に設計を請けている物件の詳細を決めようと 直接真鍮メーカーに来てみました

当社では世界観の提案から細部に至るまで 幅広く提案できるように揃えていますので お立ち寄りの際は楽しんでみてください

ダウンライト

皆さんはリビングなどのメインの照明というと

シーリングライトやペンダントライトを 想像する方が多いのではないでしょうか

でも実は最近 廊下の明り取りなどのサブ的な要素の強かった

ダウンライトを使うケースも多くなっているんです!

壁に埋め込んであるので 天井面がフラットになりすっきりとした印象になりますし

明るさも 1つのLEDダウンライトで 白熱電球60Wくらいの光の強さのものもあるので安心です。

ダイニングのペンダントライトなど 他の照明を目立たせたいときなどにもおすすめです

_MG_7663

⑥

 

CASA×CASAモデル

いよいよ本格的に建て方工事が始まりました

今回は全景をご覧ください

IMG_4098IMG_4137

非常に寒い中ですが 天気に恵まれ 順調に工事は進んでおります

建物の形状は ご覧のように下屋があり 正面は窓が少なくすっきりとしています

平面的にも いろいろなこだわりがありまして 中の作業はこれからですので

お伝えするのは まだまだ先になりそうですが 大工さん!

とりあえず 寒中の建て方工事 お疲れ様でした

 

 

空気の話

今回は空気のお話をちょっとだけ!
皆さん毎日の食事で「食品偽装…」「産地は…」「食品添加物は…」と考えて食材を買われたことはありませんか?
なぜ気になるのでしょう??
私たちの体は食べたものから作られていきます。
食べ物は体の健康状態を左右する重要なものだからです。

でも…、もっとたくさん体に吸収しているものがあるんです。
それは「空気!」です。
人は1回の呼吸で吸う空気は0.5リットル(体重50Kが目安)
1分間に20回呼吸すると1日で14400リットルも吸うんです。
就学前のお子様は1回で0.5リットルもいかないでが、1日お家で遊んでいるとするとかなりの量になってきます。
これだけ体に入れるものに気を使わないなんて!?
自然素材の良さ、心地よさはこんなところから来るかもしれませんね。

海外の内装屋さんにて

 

DSC07858_R

皆さん この白っぽい木の部分

本物に見えませんか?

実はこれ壁紙なんです!!

写真はもちろん 実際に見ても触るまで

営業担当 設計担当ともに分かりませんでした

最近の技術はすごいですね

お部屋のポイントでアクセントの壁を使い

「フォーカルポイント」=「見せ場」を作ると

真っ白な部屋より奥行を感じ

部屋を広く見える効果もあるんです!

弊社の隣のショールームにも一部 展示がありますので

ぜひ一度ご覧になってみてください

1
このページの先頭へ