home > ブログ > 2015年07月

BLOG

2015年07月

アパート

弊社が提案する、インダストリアルデザインを取り入れたアパートです。

DSC09317

ラスティックな無垢の床材とレンガ調のタイルに

バスサインとアイアンシェルフがとてもマッチしています。

奥に見えるのは、ビンテージのインダストリアルランプです。

また、建具は古き良きアメリカを思わせるマットな塗装の木製ドアです。

DSC09322

座ってみました(笑)

DSC09316

ここに座って、濃いめのコーヒーを飲みながら、

古き時代に思いを巡らせ、

ブルースや、ジャジーなヒップホップなんかを聞いたら最高だと思いませんか!?

ここはアパートです。

是非座りに来て下さい!

インダストリアル

弊社で建てていただくお客様に、「インダストリアルデザイン」の

お家が増えてきました。

「インダストリアルデザイン」とは?という方に。

一般的には工業意匠のことを示します。

しかし、弊社が考えるインダストリアルデザインとは、

工場で使用される、木・鉄・皮などで頑丈な椅子やテーブル(工業用ファニチャー)の

無骨な味わいと機能美を兼ね揃えたデザインを取り入れた空間を指します。

住宅企画クリエーションでは、そんな空間をご提案いたします。

90331

人工アンティーク

DSC07783-1

 

 

 

 

程良い味のあるアンティークドア

きれいすぎる中に入ると浮いてしまいますが

無垢の床材や塗り壁と一緒に使うとだいぶイメージが変わります!

人は十人十色と言いますが 住まいも様々な世界観があります

一緒に楽しみましょう♪

 

ピクチャーウィンドウ

住宅の中で 採光 換気 など

多機能な面を持つ 重要な存在の 窓

今回は機能面以外の役割を持つ 窓の紹介です

 

IMG_2298

ピクチャーウィンドウといい

はめ殺しの窓を額縁のように見せ

外の景色を借景して 絵画のようにみせる方法です

家の中にこんな空間をつけると ちょっとしたスペースでも

一呼吸つけるような ほっと落ち着ける空間になりますね

 

間取り図などで考えると つい最低限の機能面で

窓の配置を考えがちですが

こんな遊びがあっても良いかもしれませんね

平和通りアパート

アパートの大工さんによる造作工事はまだまだ続いてます

造作工事が始まって1か月半が過ぎましたが モデルルーム以外は8月過ぎ頃

までかかりそうです

モデルルームは先行して仕上げ工事にはいっています

壁にタイルなども貼られて ラボらしい雰囲気になってます

来週には家具も設置しますので 今から楽しみです

 

 

 

 

 

外壁

DSC08200-2

 

 

 

家を買おうと考えている方であれば 一度はご覧になったことがある思います板金仕上げ(ガルバリウム)

メーカーの縦や横線のものは見ると思いますが 張り方を少し変えるだけで また違った雰囲気を醸し出すことができます

ここに写っているのは 一文字葺きです!

札幌にも数こそ少ないですが カフェなどに使われているのをよくみます

最近は内装が注目されていますが 是非外観もこだわってみてはいかがでしょうか

 

タイルのはなし

今回は リビングや日常生活のポイント使いにオススメな

インダストリアル空間に合う タイルを紹介します

 

ブリックタイル

2465

セメントを基材に 石やレンガを混ぜて「石材風」「レンガ風」にしたタイルのことです

レンガより軽く 耐久性があるので 手軽にレンガの風合いを楽しめます

無塗装なもので レンガ本来の温かみ出てて素敵ですね

 

2394

こちらは上から白く塗装されたブリックタイルです

回りのアイテムを引き立てつつ さりげなく主張してくれるので

いろんなテイストに合わせやすくなりますね

 

 

 

サブウェイタイル

84650

1900年代初め ニューヨークの地下鉄の駅構内で初めて使われたといわれています

このスタイルのタイルは現在でも作られていて 北米ではキッチンやバスルームで

トラディショナルなデザインを演出するアイテムとしてよく使われます

 

71865

こちらは目地を黒くしてみました

目地の色を変えるだけで 印象が違いますね

 

 

上の写真のタイルは どれも弊社のショールームやモデルハウスで 見学できます

壁紙などよりも 写真とのギャップがあり

実際はより存在感があり とてもかっこいいので

ぜひ 一度ご覧になってみてくださいね

 

1
このページの先頭へ