home > ブログ > 2015年09月

BLOG

2015年09月

空を眺める生活

毎日の生活を考えたとき

気持ちの盛り上がっているときもあれば、

気持ちが下がっている日もあると思います。

そんな時、家の中から空が見えたらいいなぁって思います。

晴れの日も曇りの日も雨の日も星空もありますが、

大きな空はいろいろな表情を見せてくれますね。

96803

ブリックタイル

ブリックタイルとは

セメントを基材に、石やレンガを混ぜて「石材風」や「レンガ」風にしたタイルのことです

当社ではスギスマイルや白石アパート等で使用しています。

 

IMG_47162

53Q0093271696

 

 

 

 

 

 

レンガタイルよりも軽く扱いやすいので

手軽にレンガの雰囲気を楽しめます。

空間のアクセントになるので、お家づくりの参考にしてみてはいかがでしょうか

杉スマイル

いよいよオープンが迫ってきまして

仕上げの工程が始まってきています

一部紹介します

IMG_4704

これ 床材の一部なんです

フローリングなどとは違い タイルのような仕上げになるんですが

私もどのような仕上りになるか楽しみにしています

是非 現地にて実物をご覧になってください

きっといろいろな家作りのヒントが見つかると思います

よろしくお願いいたします

 

 

 

 

 

シルバーウィークオープンハウス!

現場見学会チラシ現場見学会チラシ1

 

お施主様のご厚意により9/19~23日の5日間、千歳にてオープンハウスを開催しています!

インダストリアルデザインのこだわりが詰まった住宅をみることができますので、

ぜひこの機会にお越しください。

スタッフ一同お待ちしております。

経年変化

img1037872945 SSC_4463

o0480064010268285425 engineerboots02-before01

 

生き物と同じく物にも寿命が存在します。

上の写真は、同じブーツが年老いてく様子ですが、あなたはこの4種類のブーツの状態でどれが好きですか?

この写真だけ見てしまうと4枚目の写真のブーツは単なるオンボロかもしれません。

人にも物にもそれそれの価値観で「ピーク」が存在すると思います。

しかし、ひとつの物を大切に、愛して使用し続けると、「キズ」は「アジ」になると思います。

他の人からみたらの「ピーク」を過ぎていても、自分自身が見たらまだ「ピーク」は少し先かもしれません。

経年変化とは、よく劣化ととらえがちですが、物によってはそうならない場合が多く存在すると思います。

そう考えた時、インダストリアルデザインの良さがもっとハッキリ見えませんか?

近年の日本の住宅は「~風(テイスト)」が基本ですが、そこに本物を加える事で、その経年変化を楽しむ事ができるようになります。

私はそんな、一緒に年を重ねる事ができる住宅をみなさんと創りたいと考えています。

スギスマイル

厚別に建設中のスギスマイル。

その床材の一部をご紹介させていただきます。

空間の雰囲気を左右する床材

スギスマイルのリビングではヘリンボーン張りにしています。

木片を組み合わせて床に表情を与える張り方です

IMG_4425

 

 

 

眺める角度によって印象が変わり、また光の当たり具合によっても表情が異なります。

様々な雰囲気が楽しめる”ヘリンボーン”

空間のアクセントにいかがでしょうか

CASA×LABO

先日、千歳で新築住宅を施工中のお客様のお宅で完了検査を行ってきました。

お客様とお打ち合わせが始まってから、お客様の思いを形にし、一年後の笑顔を見たいと言う気持ちで施工してきました。

お客様のご好意で来年の春までお借りしてオープンハウスを行う予定です。

ぜひ、CASA×LABOのテイストをご覧になってください。

IMG_4002

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リノベーション『スギ スマイル』

国交省の採択を受けた リノベーション『スギ スマイル』がいよいよ完成します。

 

10月公開予定!!

 

道産のスギ材をあらゆる形で使用しています。(外壁、床、内壁、構造材等)

それと、耐震診断をして、工事前・工事中・工事後の検査を受け、今まで加入していなかった、地盤保障10年・瑕疵保険5年の保険にも新たに加入しております。

長くお住まいになるご住宅には安心が必要ですね。

 

 

完成したら、一度見に来てください。

 

 

1
このページの先頭へ