home > ブログ > 2015年12月

BLOG

2015年12月

2015  お世話になりました。

IMG_4595

 

今年一年ブログを見ていただきましてありがとうございました。

IMG_4599

 

今年一年、弊社にとって大変大きな変動の年となりました。

6月から㈱ユウ建築事務所がグループ会社となり、前々から希望しておりました大工を自社で抱えることができ、たくさんのお客様の住宅を建てる体制が出来ました。

今までは、お待ちいただく時間を長く頂いた場合もありましたが、これからは弊社の家作りに共感していただくお客様への対応もしっかり出来ると思います。

まだまだ設立から5年と言うことで、未熟なところも多い私たちですが、家作りが大好きで、お客様と一緒に考えることが大好きな私たちをこれからもよろしくお願いいたします。

 

新年は1月8日より始業となります。

来年もたくさんの笑顔を見られるよう社員一丸となり家作りを致します。

何卒、よろしくお願いいたします。

皆様にとって、新年がより良い一年となりますように・・・

 

   ㈱住宅企画クリエーション  社員一同

 追伸:写真は明日リプランから出る雑誌と先日出た雑誌です。本屋で見かけたらご覧ください。

 

3ブランド動画

カタログに引き続き3ブランドのムービーを作成しました。

実際に見学することもできますので

興味のある方は是非モデルハウスまで足を運んでみてはいかがでしょうか

HPリニューアル!!

日頃 このブログをご覧になってくださっている皆さまにお知らせです

明日からHPの全てのページが一新され 公開されます!

 

すっきりとしたデザインながらも

CASA×CASA CASA×LABO SUGISMILE 780 のデザインの紹介や

より 見やすくなった たくさんの施工写真

弊社とスタッフの 家づくりの考え方や思い等々

内容盛りだくさんで パワーアップしてますので

明日以降 じっくりと ご覧になってください

 

新しくなっても このブログは残りますので

引き続き チェックしてくださいね

 

スチールドア

以前ブログにてご紹介していた

平和アパート外部ドアを公開させていただきます。

平和APペイント

外壁はシンプルですが

重量感のあるドアとペイントがアクセントになっています。

 

アパートではなかなか見ないデザインだと思いませんか?

是非、現地にてご覧になってみてはいかかでしょうか

使い勝手

既成品の洗面化粧台もいいですが、たまに不便な時もあります。

ボウルの底が平らでないと花瓶に水を入れづらいとか、大きなバケツ

を使用するとき等‥。

オリジナルの洗面台なら好みに合わせてデザイン出来ます。

71784

厚別モデルでご確認してみてください。

 

 

世界のガゲナウ

先日、トーヨーキッチンさんにて世界トップブランドのガゲナウさんが体験イベントを行なっていました。

IMG_2944-1-640x390

 

 

やっぱり食洗機は国内の追随を許さない高性能でした。更にはランニングコストも優れています。私も時間を作る為にお金は解決できるものであれば、是非購入したい一つです。

また、お馴染みのオーブンでローストビーフの試食があったのですが、美味しいのはもとより、素人の私でも簡単に作れるのは魅力でした!

海外のオーブンはレンジのように入れだけで、焼きだけでなく、煮物や揚げ物なども簡単にでき、お手入れもすごく楽ちんで、お忙しい奥様にゆとりの時間を与えてくれる魔法の調理機器なのでおススメです!

看板

t02200265_0800096212991570645

01746001294

上の写真はアメリカの道路看板です。

弊社のアパートでは、アメリカ東海岸のインダストリアルデザインを意識して、

床に無垢材や、棚板に古材を使用したり、壁に左官(モルタル)仕上げや、タイル貼りにしたり

内部ドアも全てアメリカを意識したトラッドカラーの扉を使用したり・・・・・

 

なので、

外部看板も少しだけこだわりました。

R1003123

いかがですか?

黒い外壁に黄色い看板がいい感じですね。

外部のドアにもボードアートっぽいペイントも施そうと企んでおります。

また報告しますね。

 

 

平和通7丁目AP入居者募集

以前より、弊社で建築していた平和通7丁目アパート

12/1より入居される方の募集を開始しております。

collage_photocat

インダストリアルデザインのお家に

新築一軒家やマンションリフォームで住むとなると

金額面からもなかなか手が出しにくいですが

アパートなので気軽にインダストリアルを体験することができます。

是非、この機会に

インダストリアル空間での生活を始めてみてはいかがでしょうか

 

1
このページの先頭へ