home > ブログ > 2016年02月

BLOG

2016年02月

タイルをアートに!

『タイルの可能性と魅力を日本に広げるべく・・・』

をテーマにタイルを利用した空間作品の募集がありました。

 

弊社では、外装はもちろん内装でもタイルを使うことが多くあります。

そこで、事務所に併設されたLABOショールームの写真を使い応募しました!

 

 

L空間

 

見えにくいですが、

キッチンの壁面に利用しているタイルは壁面にテーパー形状を作り出すデザインです。

たっぷりとほどこされた釉薬が魅力のタイル。

 

DK空間

壁面一面張られたタイルは古いレンガを再現したもので、上からホワイト塗装しています。

 

この他にも色々なタイルを利用した空間のご提案をしています。

弊社も微力ながらタイルの可能性と魅力を広げるべく、日々精進していきます・・・

 

 

 

 

 

 

暮らしの見学会

2月もあと少しとなりましたが

今月も暮らしの見学会を27日(土)・28日(日)の2日間行います。

 

今回は新琴似のモデルハウスでの開催です。

新琴似のモデルハウス公開も残りわずかとなっております。

是非この機会にご来場していただきたいと思います。

 

 

06_89523

詳しくは弊社までお問い合わせください。

 

たくさんのご来場お待ちしております。

防音室

また雪が降ってきましたね…。

今日はちょっと珍しい建材をご紹介します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この壁の中に入っている白い物体なんですけども、

断熱材ではないんですよね。

これは防音室の壁の施工写真なんですが、

実はコレ、吸音ウールという音を吸収する建材なんです。

 

素材も断熱材とは違って、グラスウール特有のチクチク感は全くありません。

どちらかというと脱脂綿に近いような感じでしょうか。

大工さんが施工してて、なかなか切れないということで連絡ありまして

施工説明書を見てみたら「カッターでは切れません。裁ちばさみを使ってください。」

と、記載されてました。大工さんもさすがに裁ちばさみは持ってません。

そんな建材もあるのか、と思いつつ祖母が使っていたはさみを拝借して

大工さんに貸してあげました。

 

いろんな建材が出てくるものです…

どの程度の効果があるものか興味津々です。

 

 

スクールチェア

お部屋のインテリアの中でも

メインのどころに数えられる 家具として

ソファなどのリビング家具の他に ダイニング家具があります

もちろん ダイニングセットなどで揃えても良いのですが

弊社のCASA-LABOのようなインダストリアルデザインのお部屋ですと

DSC_1710

このようなスクールチェア(昔、学校で使われていた椅子)で

DSC_1711

 

このように敢えてバラバラのデザインで

アイアン脚のダイニングテーブルを合わせると 空間に溶け込みます

 

椅子は人それぞれが座るもので 座り心地も変わってきますし

デザインも材質やファブリックの色など 何か一つ共通点を持たせると

遊び心があり 自由で開放的な印象にすることができます

 

インダストリアルデザインでなくても 応用できるコーディネートなので

ぜひ 参考にしてみてください

 

 

 

 

 

今月のオープンハウス

2/20(土)・2/21(日) 2日間限定のオープンハウスを開催致します

場所:北広島市稲穂町東

時間:10:00~17:00

 

今回は平屋のCASA×LABOです

ご来場を楽しみにお待ちしています

 

詳細はお手数ですが予約制の為 営業までお問い合わせ下さい

住宅企画クリエーション  TEL:0120-113-109

71665

 

 

 

 

 

in新潟

先日、新潟県長岡市へ行ってまいりました。

 

新潟の住宅では瓦屋根の家が多く見られました

中でも、還元焼成法という焼成中に充分な酸素供給をせず、

不完全燃焼に近い状態で焼成を行い寒冷地用に強度の増した”安田瓦”という瓦が主流のようです。

また、北海道とは違い

無落雪の屋根がなく、屋根から雪を落とすという考え方の屋根形状が多いのが印象的でした。

 

IMG_0335

道路を見ると

消雪パイプから地下水が出ており雪を溶かすことで道路に雪が積もるのを防いでいました。

同じ、豪雪地帯でも

北海道とは違う生活スタイルを目にすることができました。

社内コンペ開催

先日、事務所にいる社員で社内コンペが開催されました。

設計担当はもちろんのこと、営業や工事の人間やコーディネーター、

監理や積算担当、はたまた普段はあまり図面に関わる事の少ない総務や経理の人間も参加しました。

設計担当の私としましては、当然負けられない闘いです!(笑)

 

しかし結果は。。。。

みなさん素敵なプレゼンを作成してきました!

・内観パースを作成する人

・設計図レベルまで仕上げてくる人

・家の中に体育館を造っちゃう人

・手書きのスケッチが上手な人

・プラン図をエクセルで作成してしまう人

などなど。

一人ひとりが個性豊かで、とてもおもしろいものとなりました。

 

私にとっても 新鮮で刺激的でハッとするような、とても勉強になる経験でした。

 

Exif_JPEG_PICTURE

冬の乾燥を壁で防ぐ

2月が始まりました

積雪も例年並みに積り まだまだ北海道の冬は続きそうですね

生活していく中で 冬の空気の乾燥にお困りの方も多いのではないでしょか?

そんな方は室内の塗り壁材としてゼオライトを施工されてはいかがでしょうか?

 

IMG_0447

 

沸石とよばれる鉱物の塗料で水分を多く含み調湿効果があり 部屋の湿度を快適に保ってくれます 

また消臭効果も期待できる素材になっているので 

冬の間洗濯物を外で干せない 北海道の住宅に適しています

 

弊社ではオプション仕様として採用されております

気になる方は モデルハウスにて施工もされているので

お気軽にご覧になってください

 

 

屋根について

寒い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか?

今日は屋根の雪についてです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これが屋根の裏側のつくりです。白い管が屋根の排水管です。

上にグレーの傘みたいのが付いていますが、排水口回りに不具合がおきて漏水があっても

水を集められるように二重の作りになっています。

で、この配管の根元にヒーターが付いてまして、凍結しない程度の温められた空気が

管の中を通って排水路を確保してくれるのですね。

皆さんのお住まいではヒーターのスイッチONになってますか?

これから暖かくなってくると、日中と夜間の寒暖差で凍結の可能性もありますよ。

ドレーンヒーターが付いてるお宅は、今一度ご確認を。

1
このページの先頭へ