home > ブログ > 2018年01月

BLOG

2018年01月

メンテナンス

毎日寒い日が続いておりますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

 

さて、弊社ではお引渡し完了後も快適な住環境を持続していただくため

引き渡し後、6ヵ月・12ヵ月・24カ月にアフタ ーメンテナンスを実施しております。

 

家が完成して、家づくりが終わるわけではありません。

お引渡し後も家づくりのパートナーとして、また、ずっと永く住み続けて頂けるよう

今後とも末永いお付き合いをどうぞよろしくお願いいたします。

 

トイレの手洗い

トイレで 手洗い器を別に設ける場合も

いろいろなデザインがあります

 

 

 

配管むき出しにして インダストリアル感のある

かっこいいデザインのもの

 

 

 

カウンターを付け 丸いボウルを埋込み

ブロンズの蛇口と配管を設けた

かわいい雰囲気のもの

 

 

配管部分も 収納になっており

シンプルで実用的なもの

 

 

トイレの手洗いひとつにしても

たくさん種類があります !

 

お好みのデザインを 探してみてください !

スイッチプレート

お家づくりでこだわるポイントは人それぞれです。
当社のモデルハウスにもたくさんありますが、今回は照明スイッチをご紹介します。


押しやすい幅広のスイッチと、インテリアになじむシンプルなデザインのスイッチになります。
よく見かける形なので馴染みがあり、新居でも違和感なく使っていいただくことができると思います。


アメリカンスイッチ・・・ナチュラルなインテリアのお部屋にぴったりなスイッチ
かわいいスイッチはインテリアをさりげなくおしゃれにしてくれます。


トグルスイッチ・・・一目見ただけでは、スイッチには思えない個性あふれるスイッチ、倉庫・工場で使われていたような無骨なデザインのスイッチはお部屋をかっこよくしてくれます。

上記以外にもご紹介しきれないスイッチがたくさんありますので是非当社のモデルハウスにてご確認いただければと思います。

家の中を見回してみると、スイッチとコンセントって結構な数があります。
毎日手に触れるパーツでもあるので、長く付き合える飽きのこないものを使いたいですよね。
お部屋によって使い分けるなど、こだわりのポイント作ってみてはいかがでしょうか

今年も・・・

遅くなりましたが

あけましておめでとうございます。

 

そして、今年も毎年恒例の新年顔合わせ会を行いました。

資材・設備・基礎・内装・外装・屋根・大工・燃料・設計・検査・広告宣伝・ローンや金融関連・・・などなどの関係者の皆さんに集まっていただき、札幌パークホテルにて開催いたしました。

家づくりは、多くの方々に携わっていただいてこそ成り立つもので

決して一人の力でできるものではありません。

 

今年も多くの方に満足していただく家づくりを行っていきますので

みなさま何とぞよろしくお願いいたします。

 

 

シーリングファン

写真のような天井につけるファンを

シーリングファンといいます。

吹き抜けの上につけると、

空気を循環させて、2Fに熱がたまりたまらないようにしてくれます。

写真のようにブラックのファンをつけると

アクセントになります。

インテリアとしても、採用してみるのはいかがでしょうか。

無垢の木の床②

先日床材のご紹介を致しましたが、もう少し詳しくご紹介しますね。

 

 

ナラ…広葉樹の代表的な材で、硬木で強度があり、傷が付きにくいのが特徴です。

   一般的に木目が美しく、丈夫な材です。

 

 

マツ…針葉樹の代表的な材で、やわらかくて温かみがあり、素足で歩く床に向いています。

 

無垢フローリングの全体的な特徴としましては、

 

1 裸足が気持ち良い、肌触りが良い。

2 ひとつひとつ違う色、木目にも個性がある。

3 年月を重ねるごとに、アンティークな風合いが楽しめる。 などなど

 

当社モデルハウスでは、どちらの床材も体験できるモデルハウスがございますので、

ご興味のある方は、是非お越し下さい。   

無垢の木の床

お部屋の印象を決めるポイントと言えば

やっぱり床材は大事ではないかと思います。

 

リヨ・デ・ホームではいろいろな樹種の無垢材を扱っています。

しっかりとした踏み心地でナチュラルな雰囲気のナラ材↓

上の写真の材料は節のあるタイプです。

 

どことなくビンテージ感を漂わせるカバ材↓

すべすべして気持ちいいです。

 

その他にもマツ・スギなどの無垢材を扱っています。

それぞれに個性がありますので、踏みくらべてみるのも面白いと思います。

 

モデルハウスの床もすべて無垢材で、各モデルハウスによって違うので

お越しの際は違いを確かめてみてはいかがでしょうか。

トイレの壁

トイレのアクセントクロス

どの面に使用したらいいのか・・・ 

 

入口の位置 窓の有無 手洗い器の有無 など

トイレの中も そのお家それぞれ違います

 

 

施工写真を 並べていくと

入口正面の壁に使用されていることが多いですね

 

ドアを開けたとき 正面の壁にあると

パッと目に入りやすいからでしょうか

 

ただ 正解なんて無いと思います

お気に入りのクロスを貼る場所に困った際は

ご相談ください !

一緒に 最適の場所を考えます !

 

対面キッチンのお話

対面キッチンのお話・・・と言っても今回は機能や使い勝手などのキッチンの「内側」のお話ではなく

リビングから見た「外側」お話です。

対面キッチンのご要望が多くなってきている最近では、リビングからキッチン側を見たときに

どのようなイメージにするかというのもインテリアに大きく関わってきます。

作り方によっては大きな見せ場の一つとなるでしょう。

腰壁仕上げの対面キッチンは素材や色使い、デザインなどで表情を付けやすいように思います。

腰壁をモルタル仕上げにしたり、木板を貼ったりタイルを貼ったり・・・

背面に特徴的なタイルを貼ったり・・・・

カウンターキッチンにしたり・・・・

腰壁を立上げる為キッチンの手元が隠せます。またキッチン本体を標準的なもので選んだとしても

見栄えするというメリットもあります。

フルフラットキッチンは開放的な空間づくりが出来ます。

キッチン自体を造作で作るという方法もあります。

このようにキッチンの見え方一つでも色、素材、デザインなどの違いで様々な表情を作れます。

皆さんはどのようなキッチンの見え方がお好みですか?

 

ボタニカルな暮らし

ボタニカルとは英語で「植物」という意味を持ち、自然の中にある花や葉、ツタ、実などの植物を指します。植物は飾るだけで心身ともに癒やす、不思議なパワーがあります。

日本でもじわじわブームになり始めている<ボタニカル>な生活スタイル。弊社でも昨年からボタニカルをコンセプトにした住宅を展開しております!

インテリアにグリーンを取り入れたり、植物柄の壁紙などを取り入れるだけで、素敵な空間が作れますのでトレンドのボタニカルライフに挑戦してみてはいかがですか?

 

 

 

12
このページの先頭へ