home > ブログ > CASA x LABO

BLOG

CASA x LABO

夏はやっぱり

ようやく札幌も暖かい日が続いてきました。

さて、「ウッドデッキ」ってご存知とは思いますが、自宅にいながらも、天気のいい日は爽やかで開放感のある、至福のひとときが味わえますよ。

 

家族や友達でバーベキュー。

陽ざしを浴びながら読書。

カフェ気分でリラックス&癒し。

お子さんの新しい遊び場。

あとは実用的に洗濯物がたくさん干せるとか・・・などなど

 

写真は弊社モデルハウスに設置しているウッドデッキです。

もうすぐ夏真っ盛りです。楽しんでくださいね。

窓ガラスのお手入れ法

今回は窓のお手入れ法について。

 

1・ざっと雑巾で水拭きし、おおまかな汚れを落とします。

2・ガラス用洗剤を窓枠の外へ垂れないよう全体にスプレーし、汚れを浮かせます。

3・シールなどのこびり付はヘラなどで落とします。

4・洗剤が窓の下に流れ落ちないようタオルを窓枠の下にあてがいます。

5・T字型ゴムべラで上から横→中間縦→下は横と汚れを落とします。

6・ガラスクリーナーをスプレーしてカラ拭きします。

天窓や高い位置にある窓は結露などによる汚れが付きますので、

専用モップでこまめに汚れを落とすと良いですよ。

 

基本的にはどの窓も同じ手順ですので、普段からこまめにお掃除して綺麗に保ちたいですね。

外壁の色のお話

外壁はどんな色がお好みですか?

濃い色、薄い色、明るい色、落ち着いた色・・・・

「色」は、家の印象を決める大事な要素でもあります。

 

例えば、濃い青の外壁

 

濃いグレーの外壁

 

そして白い外壁

 

   

見たときの天気によっても日の当たり方によって、印象がまた変わって見えます。

是非モデルハウスやオープンハウスで実際のリヨ・デ・ホームの家を見て

実感してみて下さい。

 

 

 

 

アフターメンテナンス

弊社ではお引渡後から6ヶ月、1年、2年とアフターメンテナンスを行っております。

大まかに外部、内部、設備、構造の点検を行っており、

目視や作動させて問題がないかを点検してます。

もちろん、2年目以降のアフターも受け付けておりますので気になる点等ありましたら

お気軽にご連絡いただければと思います。

 

5月よりHP内に

オーナー様専用サイトを開設致しましたので、

こちらからも定期点検やお問合せ等お申込みいただけますのでご覧くださいね。

こちらをクリック↓

http://casa-casa.co.jp/tenkenform/

 

玄関ドアを開けると

以前、このブログで玄関ドアのお話をしましたが、今回は玄関ドアを開けた時の目線のお話を。

自分が帰ってきた時の目線でもありますが、お客様からの目線でもあります。

玄関ドアが家の顔だとしたら、そこを開けると、

住んでいる人の内面に少し触れたような気がします。

いくつかの事例をご紹介します。

これらの写真はすべて、玄関ドアを開けた瞬間に目に入る景色です。

それぞれ個性が出ていて面白いと思いませんか。

その奥はどんな雰囲気なのか想像が膨らみます。

 

 

家づくり物語

 

今日は少し長いブログになります。

たまにはお客様との家づくりのお話を。

 

木とアイアン

まさにリヨの家づくりにぴったりなキッチン

お客様にご提案して、いいねということになり

初めて実際に設置され、本当にかっこいい空間になりました。

いま一番のお気に入りです。

 

こちらのお客様ももう少しでお引き渡しになります。

初めてお会いしたのが去年の7月で、はじめはマンションリノベ780

を検討され来社されました。

はじめに、リノベーションの良いところ、悪いところをお話ししました。

資金計画をしたところ新築もなくはないなというお話に。

そんな中、弊社で持っていた土地をご提案。

そこからはお互いに意見を率直に出し合い、

おなじ方向へと進んでいきました。

時には「それは合わないからやめましょう」といって

違う提案をさせて頂き、もしかしたらがっかり

させてしまったかもしれませんが、

プロからの提案を受け入れてくださり、

とてもバランスの良いおうちになったと思います。

本当にすべての希望をかなえられたのかなと

心配になることもありました。

照明、カーテンまでしっかり打合せして、着工。

あれから5か月。いよいよ土曜日お引渡しです。

気づけばあっという間にお引き渡しとなりました。

とても素敵なご家族で、楽しい家づくりをさせていただきました。

これからリヨのオーナー様として

長いお付き合いになると思いますが、

一年後、お会いした時に「リヨで建ててよかった」

と言ってもらえるよう、真摯に家づくりをしなければと

思い、気を引き締めたところです。

それぞれの思いが詰まった家づくりを

これからもしっかりとやっていきます。

 

 

 

 

家の顔

玄関ドアの話が過去に何回か出ておりましたので外観の視点でお話しします。

玄関ドアは時々家の顔と表現されます。

確かに外観でも大きなポイントになることもありますし

中の様子を期待させる要素もあります。

住む人が毎日出入りするだけでなく、お客様を出迎える玄関扉は何か特別な意味を

感じさせます。

それぞれ良い表情を作り出しどんな室内なのかを期待させませんか?

二世帯住宅のシンメトリーの玄関です。

楽しい時も嬉しい時も苦しい時も悲しい時も、皆必ずこのドアを開けます。

そう考えるとただの出入り口では無いように思えてきます。

 

 

 

ボタニカル

 

昨年より、新しいブランドとして生まれたcasa×craft

ボタニカルがテーマになっています。

一言にボタニカルと言っても難しく感じられるかもしれませんが、

家の中にグリーンを取り入れ、インテリアの一部として

飾って頂ければ、それはもうボタニカルなんです。

リヨでは、インダストリアル×ボタニカルを新しいデザインとして

皆様に提案していきます。

まずは、「ボタニカル」とインターネットで調べてみてください。

新しい発見があるかもしれません。

春の日差し

先日、オーナー様のご厚意により、お引渡し前の家を公開する機会がありました。

前日には3月中旬とは思えないほどの積雪があった日でした。

幸い翌朝には雪雲が消え、太陽が顔を出しました。

家の中に一日中おりましたが、その時つくづく「春の日差しっていいな・・・」と感じました。

南向きの土地で、道路側のリビングに大きな窓が有り、吹き抜けもある為、春の日差しが

リビングに差し込みます。

外気温は決して高くはないはずなのに、太陽の恩恵を受け、ポカポカと温かいリビングに

いるととても幸せな気持ちになりました。

トリプルガラスのサッシも勿論性能値は高いのですが、このような太陽の恩恵もある程度遮断

されてしまうと考えると、少しさびしい気もします。

この仕事を長くしていると、個々の箇所の性能値にばかり目が行きがちですが改めて、太陽や風

など自然の恩恵が人にとって気持ちが良く、心が豊かになるということを思い出したような

気がします。

この日、太陽の恩恵を受け、お昼から夕方まで暖房ボイラーの電源を切りました。

断熱性能の数値にばかり目を向けることが、決して省エネではないと感じました。

 

 

ハウスグリーン

ようやく日差しが心地良い季節になりましたね。

 

空間を素敵に演出してくれるハウスグリーン、

グリーンがある生活はインテリアにもなりますし、

部屋の印象をぐっと変えてれます。

植物を育てる自信がない方にはフェイクグリーンはいかがでしょうか?

最近のフェイクグリーンはとても精巧な造りなものが多く、

小さなものから大きなものまでバラエティ豊かです。

空間にちょっと加えるだけで、インテリアに癒しのアクセントをくれます。

 

このページの先頭へ