home > ブログ

BLOG

建築・建材展 2018

この度、東京ビックサイトにて開催された 

「建築・建材展2018」にリヨ・デ・ホームも参加致しました!

プレイリーホームズ様と一緒にmatsu smileの新しいシリーズ、

blue woodsバージョンのブースをディスプレイし

新しい家づくりを提案して参りました。

 

こちらがブースです。

この新シリーズのモデルハウスが現在南区に建設中ですのでお楽しみに!

 

 

また沢山の企業が集結したイベントということもあり、

照明器具をいくつか購入することができました!

 

沢山の照明器具があり、どの商品も素敵でしたよ。

 

防湿フィルム

外壁の中のお話です。

断熱材の内側には、

写真のようにオレンジ色の防湿フィルムを貼って

湿気が断熱材に入らないようにします。

フィルムのつなぎ目や窓などの開口部には、

テープでしっかり隙間なく施工します。

完成すると見えなくなるところですが、

このように施工して長く断熱性能が保てるようにしています。

ニッチ

 

ニッチとは、花瓶や写真立などを置くために壁面を凹ませた部分の事です。

 

 

玄関のホールにつけたり

 

 

リビング・ダイニングにつけたり

 

ニッチなら、場所を取らずに色々なインテリアを楽しむこと出来ます。

 

これからの家づくりをお考えの方は、是非ご参考に。

季節の変わり目に・・・

 

もうすぐ春ですが

まだ寒い日が続きますね。

 

さて、パネルヒーターなどのボイラーで使われている不凍液(クーラント)ですが、みなさんは定期的に交換やメンテナンスをされているでしょうか?

不凍液には防腐成分が入っていますが、不凍液を交換しないで長期間使用すると、防腐防錆効果が減少するため、パネルヒーターの配管やボイラーそのものの金属部分を腐食させてしまうことがあります。そのため定期的に(おおよそ5年ごと)交換をおすすめしています。

もし長期間メンテナンスをされていない方がいらっしゃいましたら、お気軽にお問い合わせくださいね。

キッチンタイル

毎日使う場所はおしゃれに使っていきたいですよね。

特にキッチンは家の中でもこだわりたくなる場所ではないでしょうか。

キッチンの壁のタイルを変えるだけで印象がだいぶ変わってきます。

キッチンのタイルは大きさや色や質感によって雰囲気が大きく変わります。

自分だけのこだわりのキッチンだと料理も楽しくなりそうですね!

 

潔く(いさぎよく)

下のリヨ・デ・ホームの施工例の写真をご覧ください。

どれも素敵な空間の写真です。インテリアもそれぞれ特徴があり、それぞれが魅力的なリビング空間です。

これらの写真には共通点があります・・・・・お気づきになりましたか・・・・?

全ての写真に柱が立っているのにお気づきでしょうか?

間取りの打合せをしている時に「広々と・・・」「開放的な・・・」というキーワードをよく耳にします。

木造在来工法では柱や壁の無い大空間を作ることは難しいのです。

しかもリヨ・デ・ホームの家は壁量計算だけではなく、さらに高度な「構造計算」を全棟で実施しています。

構造計算により、どうしても抜けない柱が出てくることもありますが

安心、安全な家を作る上で大事な柱なのです。

柱や壁があっても開放的な空間は作れます。

必要な柱が空間に出てくることを嫌うのではなく、必要なものなので、隠すことを考えるよりも

出す方が潔いと思いませんか?

実際に完成した空間を見たときに、柱の魅力に気づく事があります。

時に逞しく、時に健気(けなげ)に感じる事もあります。

これらを踏まえてもう一度上の写真を見たときに・・・・柱が魅力的に見えてきませんか?

空間にあるから邪魔、という発想ではなく、必要だからある、という価値観に切り替えて物を見ると

見え方が変わります。邪魔に感じていたものが魅力的に感じてきます。

魅力的な柱にお子様の成長を刻んでみてはいかがですか?

スーモ注文住宅 掲載しました

スーモ 2018年春号に弊社施工のD様宅が掲載されております。

インダストリアルデザインのご参考に

是非ご覧になってみてくださいね。

照明スイッチ

照明のスイッチは、

写真のような 少しレトロなスイッチで

かっこよさを演出してみてはいかがでしょうか。

一見使いにくそうですが、

操作に慣れると、照明の付け消しが楽しくなります。

ぜひ、使ってみてください。

外壁

当社のモデルハウス等で使用している外壁、リシンの吹付についてご紹介します。 リシン吹き付けは骨材(細かく砕いた石や砂)に樹脂やセメント、着色剤などを混ぜたものを吹き付けて施工するものです。 ヨーロピアンテイストのお洒落な住宅で非常に人気のある、外壁の仕上げ方法になります。 写真ではわかりにくいかもしれませんがザラザラとした仕上がりになるのが特徴です。 お好みの色を選んでいただくこともできます。 当社モデルハウスでなど実際に素材感など体感していただければと思います。

筋交い

まだまだ寒い日が続きますが、風邪などひいていませんでしょうか?

 

早速ですが「筋交い」ってご存知でしょうか?

柱と柱の間に斜めに入れて補強する部材のことを「筋交い」って言います。

 

そもそも部材なので、大抵は壁の中に隠れるように取り付けて、見えないようにするのが一般的なのですが、敢えてそのままの状態(むき出し)にしておくのも、デザイン性や、お部屋の空間を広く見せたり等々で、ちょっと変わった味わいが楽しめます。

 

上の写真は、当社事務所内のものです。

気になる方は、ぜひ一度ご覧になってくださいね。

このページの先頭へ