home > ブログ

BLOG

素敵な椅子達

家具の中で椅子を選ぶ際、ソファやダイニングチェアは多くの方が気にされるアイテムですが、

意外と注目されないのが、一人掛のチェア(ソファ)だと思います。

今回はその中でも代表的な物をいくつか紹介します。

エッグチェア(アルネ・ヤコブセン)・・・・ 1958年にホテルのラウンジに設置する為に作られたイスです。包み込むような座り心地良さと、丸みを帯びたデザインが特徴です。

バルセロナチェア(ミース・ファン・デル・ローエ)・・・・ 1915年の バルセロナ博覧会で、バルセロナ・パビリオンを設計し、その際スペイン国王をお招き するためにデザインされた椅子。椅子の王様とも言われています。

パイミオ(アルヴァ・アアルト)・・・・ 1930年頃にフィンランドのパイミオにある療養施設のためにデザインされたもので、座面と背もたれが一体型の成形合板でできています。

LC4(シャルロット・ペリアン)・・・・ 1928年に建築家ル・コルビジェのアトリエで進行していたチャーチ邸の為にデザインされたもので、身体のラインに沿ったクッション入りの座面が非常に快適で、別名「カウボーイチェア」とも呼ばれています。

ハイバックチェア(ブルーノ・マトソン)・・・・ 1974年に天童木工から日本人の 為の快適なイスのデザインを依頼され、畳の生活と日本人の体形に合う椅子です。

チーフティンチェア(フィン・ユール)・・・・ 1949年にデザインされたもので、フィン・ユール自身が自宅の暖炉の前でくつろぐ為に デザインされたと言われています。

残念な事に当社で販売はしておりませんが、

一人でゆっくりくつろぎたい時、お気に入りの映画を見るとき、読書に集中したい時など、

このような素敵な椅子をリビングや書斎に一つ置くのも良いと思います。

「この椅子に似合う家を建てたい!」

なんて考えて建てる家も、それはそれで有りなのかもしれませんね。

 

 

 

 

CASA×CASAモデルハウス

CASA×CASAモデルハウスは大工工事 真っ只中です

無垢床フロアーを貼りましたので その一部をご覧いただきたいと思います

IMG_4205

おなじみのナラの無垢フロアーです

写真ではわかりづらいかと思いますが ホワイトで塗装しています

ほんのりと色がついた感じが 優しい感じです

オープンハウスご来場の際には 是非感じてみて下さい

アクセサリー

DSC06153

新しいモデルの他に設計を請けている物件の詳細を決めようと 直接真鍮メーカーに来てみました

当社では世界観の提案から細部に至るまで 幅広く提案できるように揃えていますので お立ち寄りの際は楽しんでみてください

ダウンライト

皆さんはリビングなどのメインの照明というと

シーリングライトやペンダントライトを 想像する方が多いのではないでしょうか

でも実は最近 廊下の明り取りなどのサブ的な要素の強かった

ダウンライトを使うケースも多くなっているんです!

壁に埋め込んであるので 天井面がフラットになりすっきりとした印象になりますし

明るさも 1つのLEDダウンライトで 白熱電球60Wくらいの光の強さのものもあるので安心です。

ダイニングのペンダントライトなど 他の照明を目立たせたいときなどにもおすすめです

_MG_7663

⑥

 

CASA×CASAモデル

いよいよ本格的に建て方工事が始まりました

今回は全景をご覧ください

IMG_4098IMG_4137

非常に寒い中ですが 天気に恵まれ 順調に工事は進んでおります

建物の形状は ご覧のように下屋があり 正面は窓が少なくすっきりとしています

平面的にも いろいろなこだわりがありまして 中の作業はこれからですので

お伝えするのは まだまだ先になりそうですが 大工さん!

とりあえず 寒中の建て方工事 お疲れ様でした

 

 

空気の話

今回は空気のお話をちょっとだけ!
皆さん毎日の食事で「食品偽装…」「産地は…」「食品添加物は…」と考えて食材を買われたことはありませんか?
なぜ気になるのでしょう??
私たちの体は食べたものから作られていきます。
食べ物は体の健康状態を左右する重要なものだからです。

でも…、もっとたくさん体に吸収しているものがあるんです。
それは「空気!」です。
人は1回の呼吸で吸う空気は0.5リットル(体重50Kが目安)
1分間に20回呼吸すると1日で14400リットルも吸うんです。
就学前のお子様は1回で0.5リットルもいかないでが、1日お家で遊んでいるとするとかなりの量になってきます。
これだけ体に入れるものに気を使わないなんて!?
自然素材の良さ、心地よさはこんなところから来るかもしれませんね。

海外の内装屋さんにて

 

DSC07858_R

皆さん この白っぽい木の部分

本物に見えませんか?

実はこれ壁紙なんです!!

写真はもちろん 実際に見ても触るまで

営業担当 設計担当ともに分かりませんでした

最近の技術はすごいですね

お部屋のポイントでアクセントの壁を使い

「フォーカルポイント」=「見せ場」を作ると

真っ白な部屋より奥行を感じ

部屋を広く見える効果もあるんです!

弊社の隣のショールームにも一部 展示がありますので

ぜひ一度ご覧になってみてください

CASA×CASAモデルハウス

基礎工事は順調に予定通り完了しました

昨日より大工工事に入ってます

まずは1階の床組から

この工事は 大工さん2名で2日間かかります

1階床は重要な部分が多く 大工さんも慎重に作業します

図面通りの 面積に 長方形に 水平に 強度に 断熱性確保に

などなど盛りだくさんです

IMG_4071

写真は昨日 土台に金物を取り付け 補強している作業です

まったくモデルの形をお伝え出来ていませんが (・・;)

来週から クレーンによる作業になりますので

次回は 全景をお届けします

 

 

 

 

 

 

M邸オープンハウス!

1月31日・2月1日の2日間
札幌市東区元町にてオープンハウスを行います
スッキリとしたシンプルなファサードですが バランスのとれた存在感があります
当社得意の暖房システムによる じっくりじわじわ温まる床暖房を実体験下さい

磁石の付く不思議な壁の秘密も大公開。

1

2

内観写真はイメージ写真です

防音のはなし

先日、防音についての講習を受けてきましたので、今日はその話を少ししたいと思います。

家を建てる(リフォームする)場合に、音は大変デリケートな問題になってくる場合があります。

音の伝わり方には2種類あり、

1、空気を伝わって耳に響く「空気伝搬音」・・・・テレビの音など、ピアノの音….

2、壁や床などの個体を伝わってくる「個体伝搬音」・・・・上階の足音、機械の振動音など…..

があるといわれています。

また一般的に、住宅の防音を考えるとき、

1、外からの音の侵入を抑制すること。

2、家の中の音を外にもらさないこと。

3、家の中における空間と空間の遮音。

快適な暮らしを営むためには、2種類の音に対して、3つの防音対策が必要なのです。

具体的には、

・床・壁・天井材の重量をアップする。

・床・壁・天井材や窓を二重にする。

・隙間をなくす。

・共鳴を防ぐ。

などがありますが、ただやみくもにボードやガラスを重ねたり、

間違った場所に施工しても、効果を期待でない場合があるのです。

興味がある方は是非ご相談下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ