home > ブログ

BLOG

現場①

 

先日、西野で着工中のA邸に行ってきました。

今みえているのは、外壁下地の防湿透水シートです。

これがすごい!

壁内の水蒸気はシートを通り抜け、外部に出ていき

外部から来る水の侵入は防いでくれる大切なものです。

後は耐久性ですが、デュポン社の製品が良いと思っています。

内容に関してはまた、いずれ。

 

 

IMG_0658

自然素材って

住宅業界だけではないと思いますが、この業界は「イメージ」の世界でしかない。

例えば、「健康住宅」

なども「イメージ」です。何がどう健康的なのか根拠は無いけん。

「無垢をたくさん使っています」

これってなんで健康なんじゃろうか?

「自然素材だから体に優しいです」

トリカブトも自然に生えてるし、マムシやスズメバチも自然にいます。アスベストも自然素材ですが危険極まりない物の一つです。

自然素材も物によりけりだと言う事じゃけん。

せっかく建てる家は「イメージ」ではなく実際の性能を重視した方が良いでしょう。そこに何十年も住むわけで、見た目はだけでは後から大変です。

それよりちゃんと住まう人を守ってくれたり、環境を整えてくれる家にした方が断然良いに決まっています。多くの人はそれが分からないままに家を建ててしまう。

なんとかせねば!

しっかりと考えて建てられる人はごく少数なのが現実です。

大量生産しているハウスメーカーの家は「建てる側の都合」の産物でしかありません。クレームレスと言う名のもとに採用された素材でできた家です。

「化学物質は国の基準値以下ですから大丈夫です」

なんて言います。この国の基準が良く分からんけん。誰を基準に決められているのか??よくアルコールに例えますが、強い人と弱い人がいます。化学物質も同じことです。

イメージで建てて、家族が病気になった家は沢山あります。

家・住まいの本質を見失うと大変な事になる。でも、今のこの業界は「イメージ」だけの販売が続いています。大切なことは受け継ぎ、新しい業界を創っていかないと日本の住まいは危ない。

長期優良住宅講習会

今年の長期優良住宅の流れやポイントについて、講習会があったので出席したきたんじゃけど、

驚いたのが省エネ基準の中で「11年基準」って業界では有名な指標があるんじゃけど、

この北海道でクリアーできてる家は、なんと40%しかないとのこと!!

いやー、ビックリしました。

西日本育ちの私には北海道の寒さであれば、ほぼクリアーしててほしいなー。

私の感想ですが11年基準が未達かどうかで簡単に年間の暖房費が5、6万変わってきますね。

 

image

 

新事務所

事務所移転したけん。

ぜひ、お立ち寄りください。

image

このページの先頭へ