1

はじめまして、リヨです。
より正しく、より新しい家づくりをめざし、新しい名前になりました。

2011年に「住宅企画クリエーション」として創業したわたしたち。これまでの積み重ねを活かしながら、より正しく、より新しい家づくりを追い求めたい、それが「家づくり」という言葉の再定義になるほどの意気込みで取り組んでいきたいと思っています。そこで2017年からは「リヨ・デ・ホーム」と名前を改め、新たなスタートをきることにしました。
わたしたちはこれまでも、家族のようなチームプレーで家づくりを行ってきました。そしてこれからも、理想の住空間の実現に向けて、あなたのご家族と向きあっていけることを楽しみにしています。
新社屋の前庭には、エゾアカマツのシンボルツリーを植えました。このツリーとともに、生まれたてのリヨを、スタッフが一丸となってまっすぐに育てていきます。ぜひ、わたしたちの「家」へ、お気軽にお立ち寄りください。

2

全棟構造計算は当たり前。
理にかなった家づくりを一貫して行う理想的なパートナーです。

リヨという名前に込めた想いを聞いてください。「リ」は「理」。わたしたちが1棟1棟で実践するのは、理にかなった、理想的な家づくりです。
いざ家を建てるとなったとき、やはりデザインにはこだわりたいもの。でも、それだけでは快適な暮らしをお約束できません。美しさを支える力学的に正しい構造こそ、末長く安心して暮らしていただける家づくりの基本なのです。プランが少しでも変われば構造式はがらりと変わりますから、リヨでは全棟で構造計算を実施します。同様に気密検査、VOCの測定、外装下地検査までを例外なく行っています。
こうした理になかった家づくりをスムーズに進めていくためには、設計から施工までを一貫して行うのがベスト。全工程に社内スタッフを配置できるわたしたちは、道内では数少ない理想的なパートナーです。

3

世になかった、世とつながった、世のための家づくりを。
それが住まい手の誇りになると信じて。

つづいてリヨの「ヨ」。これは「世」です。お客さまのための1棟1棟の家づくりが、ひいては建築業界や地域の活性化につながっていくような、世のための家づくりをしたいのです。
そのために、これまでの業界の慣習を見直し、世になかった家づくりを日々模索しています。たとえば、実態が見えづらい建築費用についても、わたしたちは各資材の原価までをお知らせします。このほか資金計画から工法に至るまで、あらゆる情報をしっかりとお伝えして信頼関係を築くことこそが、よりよい建物を築くための第一歩だと考えています。
また、暮らしの豊かさと地域の豊かさは、相互に作用するもの。道産材を使って森の維持に貢献するなど、世とつながった家づくりも大切にしながら、あなたが誇りに思える住空間をともに追い求めたいと思っています。

4

あなたの想いと、プロの技術。
足し合わせた先に現われる、固定観念から解き放たれた空間。

新しいロゴマークは、「リヨ」の文字をデザイン化したものですが、「113」にも見えると思います。1と1を足すと2なのは間違いありません。でも、お客さまとわたしたちの関係においては、その常識を超えたいのです。
最初の「1」はあなたの想い。こんな空間があって、あんなものを置いて、こういうふうに過ごしたい…ぜんぶ教えてください。もうひとつの「1」はわたしたち。豊富な知識と技術をもった家づくりのプロとして、あなたの「好き」を最高のかたちに仕上げます。たくさん語りあいましょう。その際、わたしたちが正しいと確信できることは、しっかりご提案します。また、道外各社との協力体制のもと、先進的なデザインや取り組みもいち早くご紹介します。自由な発想と良質なコミュニケーションにより、固定観念から解き放たれた答え、オンリーワンの住空間を導きだしましょう。

5

家づくりは、笑顔づくり。
毎日の悦びのために、デきることすべてを全力デ。

家づくりには、たくさんの「De」があります。これまでお話してきたとおり、初期費用からランニングコストまでお金についてしっかりと説明すること(Describe)、お客さまの想いを深く理解し図面に落とし込むこと(Decode、Design)、さらにはお客さまのご要望に応えるために新たな資材や技術を開発すること(Develop、Devise)…。
わたしたちは一つひとつの「De」を駆使しながら、家づくりを進めていきます。そのゴールはもちろん、お客さまが新居で過ごす毎日の悦び(Delight)です。暮らしはじめて月日が経ってからも笑顔があふれる家を追い求める約束として、新しい名前の中心には「De」を据えました。名前は変わりましたが、これからも「家づくりは、笑顔づくり。」という創業理念のもと、デきることすべてを全力デ行ってまいります。

6

理想のゴールをめざすために
便利なコンパスとして、多彩なブランドを展開しています。

最後に、わたしたちのブランドについて、その考え方をお伝えします。「どんな家を建てましょうか」といきなり問われても、具体的に思い描いたり、言葉にするのは簡単ではないもの。そこで、デザインの方向性を示すコンパスのような存在として、いくつかのブランドをご用意しています。たとえば、無垢材などの自然素材をふんだんに用いてエコな住空間を志向する「CASA×CASA(カーサカーサ)」や、無骨さと機能美を取り入れたインダストリアルデザインの「CASA×LABO(カーサラボ)」という具合に。
もちろんあくまでコンパスですので、歩んでいかなければなりません。どうか面倒だとは思わずに、ご家族の将来のライフスタイルをイメージしながら、ともに理想のゴールをめざしましょう。ショールームやモデルハウスでも各ブランドを体感できますので、ぜひ遊びにいらしてください。

HOME