home > ブログ

BLOG

キッチン水栓

時折降るドカ雪、除雪に負けずに頑張りましょう!

 

今回はキッチン水栓についてお話します

 

水栓とは、水の出し・止めを行う部品も事を言います

 

一日の中で、一度は必ず使用するであろうキッチン

 

料理や食器洗いなどキッチンの中でも一番利用頻度は

 

高いのではないでしょうか

 

そんなキッチン水栓には、今様々なデザイン・機能があります

 

日々の家事を楽しませてくれたり、

 

おしゃれに彩りを添えてくれたり、

 

自分好みのキッチン水栓に巡り合ったら、日々の

 

家事もより楽しめるかもしれません

 

皆様も是非、素敵なキッチン水栓を選んでみてはいかがでしょうか

 

 

 

照明の勉強会に行ってきました

今日もこんもり雪が降って寒いですね。

インフルエンザも流行っているようなので、

いつも以上にうがい手洗い欠かせない毎日です。

 

 

そんな吹雪の中、今日は照明メーカーのひとつ「DAIKO」さんで

行われた照明セミナーに参加してきました!

 

 

 

普段、間接照明をリヨデホームでは使用することは少ないですが、

間接照明のメリットや美しく見えるコツ、細部の寸法、明るさの計算方法まで

多岐にわたる貴重なお話を聞かせていただきました。

 

 

CASA×CASAやCASA×craftのテイストには取り入れてみても面白いなとも

思いましたし、光源が直接みえるとまぶしくて困る寝室や

吹き抜けに間接照明は向いているな~とも思いました。

 

 

細部にまでこだわって美しさを求める照明計画の奥深さを考えると

まだまだデザインや魅せ方の追求はできるんだ!とやる気スイッチをおされて

また吹雪の中、とろとろと帰ってきたのでした。

 

 

 

番外編:

このゆるきゃらに癒されました。かわいい笑

 

広い土間がある家

最近玄関土間を広くしたいというご要望が、以前に比べると増えてきているように感じます。

事実、リヨ・デ・ホームのモデルハウス(社屋に併設のcasa×craftモデル)も広い土間を持つ

間取りです。

広い土間は、内部でありながら屋外のように扱える、外と中の間にあるワンクッションの空間。

住まい手の発想一つで外にも中にもなるような柔軟な空間です。

自転車やベビーカー、庭にも面していればガーデニングに、椅子を置けばコミュニティースペースや

くつろぎのスペースに・・・・。住む方の趣味や思考によって様々な使い道が思い浮かぶでしょう。

「広い土間を作ると家が大きくなる・・・」と思われている方もいらっしゃるようですが

実際はそうでもありません。

玄関+シューズクローゼット+玄関ホール+廊下・・などのスペースが土間になると考えると

面積は大幅には増えません。

最近の流行のように感じますが日本家屋の歴史を遡ると京都の町家や古い農家、鰊御殿など、

もともと日本は土間が広い文化だったんですね。

昔に比べ断熱気密の技術が発達している現代では土間も暖かくなりました。

広い土間の用途は冬の北国にも合っているように思います。

皆さんは広い土間をどのように使いたいですか。

 

 

雪ニモマケズ

お正月明けに続いた雪のせいで

建築現場が雪に埋もれてしましました。

作業員さんに頑張っていただき

発掘してもらいました。

 

70cmはありそうですね・・・。

寒さも厳しいこの頃ですが、春まで頑張りましょう。

 

RC造のリフォーム

RC造のリフォームを昨年11月から始めています。

大工さんが作業を始めてから2か月が経とうとしています。

解体から大工さんが行っているので、それなりの工期は

掛かっていますが、一番大工さんたちが手間をかけたのが

造作階段です。

木造ではなく相手がコンクリートなので、木造の階段と

コンクリートを上手く結合しないといけないため、鉄骨を

コンクリートに留めて階段の荷重を受けました。

すごく頑丈にしていますが、この鉄骨が要となりこれから

お客さまが安全に暮らしていただけるよう支えてくれます。

RC造のリフォームはマンションなどが多かったのですが、

一戸建てのRC造のリフォームは マンションリフォームと

違ったスケール感もありますので、お住まいの方がいらっしゃい

ましたらオススメしたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

猫と家

近頃、とある動画投稿サイトで動画を見ていたところ、猫飼いさんが新築のお家を建てたようで、少し興味を引くものがありました

猫と一緒に暮らすことを前提に考えたらしく、猫にやさしい作りになっているようでした

最初からキャットウォークがあるのはもちろん、

特に面白いと思ったのは、一階と二階を猫が行き来するための通路があることです

階段に猫が陣取って、人が通ると前足でイタズラをする……そういった経験はありませんか?

もしも専用の通路を気に入ってもらえたら、そういった悩みは解決してしまうかもしれませんね

 

猫と暮らす家を建てたいと思う方がいらっしゃいましたら、ぜひ参考にいかがでしょうか

本年もよろしくお願いします

皆様、新年あけましておめでとうございます!

平成最後のお正月はどう迎えられましたでしょうか?

私は紅白を家族で見て年越しそばを食べなんだかんだと新年を迎えておりました。

初詣でのおみくじはなんと家族全員 吉!

健康第一で過ごして参りたいと思います。

 

昨年は災害の多い年となりましたので本年は笑顔溢れる年となりますように。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年最後のブログです

皆様

今年も一年お付き合いいただきありがとうございました。

本日で2018年は最後のブログになります。

今年は9月に震災があり、本当に大変な年となりました。

来年はいい年であればよいですね。

今年も新年恒例のニュースレターを本日社員みんなで封入致しました。

お正月に届くと思いますのでぜひお読みください。

来年は2年ぶりに常設モデルハウスをオープンいたします。

新しいご提案が出来る様準備しております。

年が明けたら少しづつ皆様にもご紹介できるかもしれません。

ぜひ、お楽しみに!

では、皆様一年間お世話になりました。

来年も引き続きよろしくお願いいたします。

では、よいお年を!!

来年のトレンドカラー

今年も残すところあと1週間となりました。

来る2019年への準備も進む中、Pantoneからトレンドカラーの発表がありました。

 

柔らかさと活気を兼ね備えた、Living Coralが2019年のトレンドカラーです。

この色は、楽観性と喜びの追及を表現しており、遊び心のある表現を求めています。

昨年のUltra Violetとは打って変わって、明るく活発な色ですね。

グラフィックデザインや家具だけではなく、お化粧などにも取り入れやすいでしょう。

 

また、Pantoneからカラーの組み合わせ例も発表されています。

高級感のある組み合わせから、深海のカラフルな生命をイメージした遊び心満載の組み合わせまで、様々な組み合わせ例があります。

Pantone Color of the Yearの色は、少し取り入れるだけで一気に今っぽさが生まれます。

大きな家具は難しくても、小物からトレンドに敏感で元気なカラーを取り入れてみませんか?

レンガのこと

明日はクリスマスイブですね。

いい子にしていると、レンガの煙突からサンタさんがやってくるイメージがありますね。

レンガというと、西洋のイメージがありますが、札幌でもレンガが製造されていたそうで、

歴史をたどると明治時代まで遡ります。

なんと弊社のある白石区でレンガが製造されていたそうです!

赤レンガ庁舎やサッポロビール博物館でなどにも、白石で作られたレンガが使用されているんだそうです。

 

「casa×LABO」ではインダストリアルな住空間をご提案しています。

インダストリアルな雰囲気をつくるのにポイントになる「レンガ」 、札幌と縁があったとは・・・。

レンガやレンガ調タイルを使用した施工例がこちら

ご興味があれば、ぜひお問合せ下さい!

 

このページの先頭へ