「無骨」と「洗練」が絶妙に調和した、インダストリアルデザイン

CASA x LABO
T邸
札幌市北区

アイアン、ウッド、モルタル、タイル──18~20世紀の工業用ファニチャーをモチーフとしたインダストリアルデザインを住空間へ。リヨ・デ・ホームの中心ブランド《CASA×LABO》のエッセンスを存分に取り入れたプランです。「無骨」と「洗練」を絶妙に調和させることで、コンパクトな空間の魅力を多彩に引き出します。

このページの先頭へ