WORKSお住まいの実例集

vol.07
CASA×LABO

いくつになっても馴染み、素材が際立つシンプルなデザイン

工場や倉庫などをモチーフにしたインダストリアルデザインを住宅に取り入れた「CASA×LABO(カーサラボ)」。無骨なヴィンテージ感と住み心地の良さを両立させたブランドは、リヨ・デ・ホームの主軸になっています。今回は、シンプルで洗練された理想の住空間を手に入れて日々を楽しむYさんご夫妻に、家づくりのエピソードや住み心地について聞きました。

PREV
NEXT

包み隠さず教えてくれたお金の話

毎月家賃を払い続けていても、自分たちの資産にはならない賃貸暮らし。
将来のことやランニングコストを考えると、持ち家への憧れは募りますよね。
およそ10年にも及ぶ長い賃貸暮らしを続けていたYさんご夫妻も、同様の理由で新築を検討しました。

そんなご夫妻がインターネットを中心に依頼先を探す中で目に留まったのがリヨ・デ・ホームでした。当社のデザインに惹かれて早速モデルハウスへと足を運び相談したところ、安心と信頼を得ることができた、と奥さんは振り返ります。
「リヨ・デ・ホームさんは、ローンのこと、税金のこと、日々のコストのことなど、資金面について事細かに教えてくれたんです。叶えたいプランやデザインはたくさんあるけれど、一番の気がかりはやっぱりお金のことだったので、最初から包み隠さず教えてくれたのがとても好印象でした」と奥さんは話します。

当初は中古マンションリノベも検討していたというYさんご夫妻ですが、「相談しながらローンの返済プランを立てていくと、一軒家でも無理なく建てられることがわかりました」と戸建てを決意。「マンションリノベも魅力的だったのですが、夫婦ともに一軒家で生まれ育ったということもあって、戸建ての方が性に合っていたんです。私たちでも一軒家が建てられるんだ!と嬉しくなりました」と、不安を感じることなく、期待の中でYさんご夫妻の家づくりがスタートしました。

モデルハウスやオープンハウスで家づくりのヒントを集める

家づくりでもっとも参考になったのが、リヨ・デ・ホームのモデルハウスやオープンハウスです。「オープンハウスは、リヨ・デ・ホームさんを家づくりのパートナーに選んだという、いわばデザイン志向が共通しているご家族の家を見る絶好の機会です。どの家も暮らしている方の個性がしっかりと生きていて、間取りやデザインのヒントや発見がたくさんでした」。

Yさんご夫妻が理想としたのは、「シンプルな暮らし」。「年齢を重ねても不釣り合いにならないシンプルで洗練された空間が理想でした。インテリアや小物で変化をつけるだけで自分たちの年代に馴染むようにしたいと思っていたんです」と奥さん。多くのヒントやアイデアを得た上で出した要望は、見えない収納の徹底、生活感を排除、広いLDK、様々な素材を使いたい、住宅に囲まれている立地だけれど日当たりを良くしたい、というものでした。
「依頼先やプランづくりに難航するという話をよく聞きますが、私たちは全てが驚くほどスムーズに進んでいきました。最初に上がってきたプランからほとんど変更もなく、使ってみたかった素材や、オープンハウスで見つけた好みのあしらいなど、私たちの希望もくまなく反映されていました。おかげでインテリア選びにたっぷり時間を割くことができて良かったです」と奥さんは振り返ります。

歳を重ねても馴染む、シンプルなモダンデザイン

完成したYさんご夫妻の住まいは、インダストリアルとシンプルなモダンデザインがマッチした空間。1FのLDKは水まわりを2Fへ上げて広さを確保し、仕切りのないワンルームとなっています。この開放的なひとつながりの空間にメリハリを利かせているのが、黒く塗装したリビングの現し天井で、これはオープンハウスを見て採用したものです。リビングの吹き抜けからの採光が程よい明るさを取り込んでいるので、周囲を住宅に囲まれていても閉塞感がありません。

キッチン背面は一面を白く塗装したレンガタイルのアクセントウォールとし、収納力のあるパントリーを活用することで背面収納を設けずにすっきりさせています。冷蔵庫は三方を囲い込んで見えないようにひと工夫。キッチン前面の腰壁には奥さん希望のモルタルを採用し、アイアンや木毛板、無垢床など、異素材が調和する住まいになっています。

「選りすぐった好みのインテリアや小物を用いて室内をアレンジするのがとても楽しいし、部屋のどこにいても居心地が良いです」と、まもなく1年が経つ新居での暮らしを満喫中のYさんご夫妻。「私たちの要望を詰め込みながらも、シンプルにまとめてくれたので大満足です。長く住み続けられる自慢の家になりました!」

CASA×LABO

「ヴィンテージ感」と「住み心地」を
両立させたインダストリアルな空間

18世紀後半から20世紀にかけて、欧米の工場で使用された作業台や螺旋階段などの工業用ファニチャー。CASA×LABOでは、その無骨さと機能美を取り入れたインダストリアルデザインの住空間を提案します。好きなものに囲まれて暮らしたい。映画や音楽などの世界観を生活に取り入れたい。そんなあなたへの、古くて新しい回答です。