BLOG

OSB

建物の重要な構造のひとつに、『耐力壁』があります。

主に、建物の外側に、下の写真の『OSB』という板を、柱や梁に釘で留めて、壁にします。

 

 

この板は、広葉樹を加工して、構造材にしています。

広葉樹は、そのままでは建築の材料として利用しにくいもので、

この板を考えた方は、世界の木造建築物にかなりの貢献をされたと言えます。

ただ、この板を釘で留めただけでは、『耐力壁』にはなりません。

下の写真のように、決められた種類の釘を、決められた間隔以内で留める技術が必要です。

この作業を、大工さんは、手際よく、いとも簡単に熟してくれます。

そして、安全、安心なお家になります。

大工さんと『OSB』を考えた方に感謝です。

 

このページの先頭へ