home > ブログ > casa x craft

BLOG

casa x craft

プレゼンテーション

お客様とのお打合せを進める中で、 とても楽しみな瞬間として、

初めてお家のプランをお見せする、という場面があります。

 

 

リヨ・デ・ホームではお客様ひとりひとりの為のプランを とても大切に考えています。

同じ人が2人といないように、同じお家は2つとありません。

そんな大切な新居のプランを初めてお見せするとき、

なるべく想像がしやすいように インテリアの内観イメージをCGで作成し、ご提案をしております。

 

 

 

その内観のイメージを作成するCGのソフトを 夏ころにバージョンアップしたので、

作成例をほんの少しだけお見せいたします。

 

 

 

 

技術としてはまだまだではありますが、

よりお客様が新しいお家をイメージしやすく、 新しい生活をワクワク思い浮かべられるように、

これからも色々な方面から努めていきたいと思っております。

 

ワクワクする家づくり

休日にふと、

 

仕事への向き合い方について考えることがあります。

 

 

we build your smile.
家づくりは、笑顔づくり。

 

これは、リヨデホームの軸となる家づくりへの思いですが、

お客様とお打合せをしている時に

ただ淡々とこなしているだけでは笑顔づくりは出来ないと思っています。

 

もっとアンテナ高く、深呼吸をして

より良いご提案が出来るように

 

お客様が新しいおうちに住むワクワク感を

想像していただけるように

 

 

日々勉強なのですが

 

 

今日、LIXILさん主催のセミナーで

今話題の荒井詩万さんのお話を聴くことが出来ました。

 

 

そこで今までやってきた事が間違ってはいなかったことと

毎回頭をフラットにして

いつでも新鮮な目線でご提案をしていかなくては!!と

 

とっても良い刺激をいただいてこのブログを綴っております。笑

 

 

今週末も沢山のお客様とお会いする時間が待っています。(ありがとうございますm(_ _)m)

どんなお話が聞けるのか、今からワクワクがとまりません。

 

雑誌に掲載されました!

8月21日に発売した、 ”SUUMO注文住宅 北海道で建てる”2019秋号に

リヨ・デ・ホームのモデルや実例が掲載されています。

 

 

 

 

 

今回はリヨ・デ・ホームの年代ごとの コンセプト提案のについての記事など、

いつも以上に見ごたえがたっぷりです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この表紙を書店などで見かけたらぜひお手にとってみてくださいね!

窓について

ここ数日、暑い日が続いていますね。

窓を全開にして、少しでも室内に風を入れたいですよね。

今日はそんな「窓」についてのお話を少ししたいと思います。

 

先日、機会をいただき、LIXIL様の樹脂サッシの工場へお邪魔してきました。

普段なかなか見ることのできない、工場のラインや

あまり採用したことのない、珍しい開き方の窓を見学することができてとても勉強になりました。

 

 

窓は風や光を入れるだけでなく、

出入り口になることもありますし、家の印象を変えるアクセントにもなりますし、

色々な用途をもっています。

モデルハウスやまだお客様が暮らしてない建設途中のお家でも

ひとつひとつの窓がどんな意味を持って取り付けられたのか、どうしてこの位置につけられたのか考えると、

なんとなく「暮らし」が想像することができて、とても楽しいことだなと思いました。

 

収納を考える

本日は、今月末に着工を控えているお施主様との

打合せでした。

 

ご主人がDIY好きということもあり

 

様々な道具を収納したり

 

今現在も沢山のアイディアで収納を楽しまれている為、

新居でもこだわって収納や仕上げを考えたい!というご希望をいただきました。

 

 

ご主人自ら収納ボックスや道具たちの寸法を細かく測ってきていただき

その寸法に合うように私たちも提案書を作成しています。

 

提案書=「展開図」

 

と呼ばれる図面を使いながら

 

『ここはこの箱を収めるので、40センチあけておきましょう』

などとスケールを使いながら立体をみんなで想像して

作り上げていく打合せは

 

エネルギーをいつも以上に使いますが、

 

 

出来上がった時のことを想像し

今の大変さもきっと笑顔に換算される日が来るのかな。と思うと

俄然やる気が出てきます。

 

家づくりは、考えることが沢山あるので

苦しいな~と思う時もあるかもしれません。

 

 

でも、その苦しみを笑顔に変えられるように

私たちがサポートしていきまので、お悩みはお気軽にご相談ください^^

ブランドロゴ

住宅街を通ると、この家素敵なお家だなー って思う事がありますよね。

近年リヨ・デ・ホームの施主様にブランドロゴをつけて頂く方が増えております。

リヨ・デ・ホームの家は外観がシンプルなものが多く、

ロゴをつける事によって雰囲気がグッと増し、

一目置かれるのではないでしょうか。

 

 

 

 

是非ご検討してみてくださいね!

 

 

「ベランピング」

「グランピング」というワードを耳にしたことがあるでしょうか。

 

「グランピング」とはアウトドア好きの間で話題になっている体験型の旅行のことで、

【グラマラス(魅力的な)】と【キャンピング】を掛け合わせた造語のようです。

 

 

近ごろ、このキャンプの屋外ならではの不自由さを解消して、

より快適にすごしながらも自然の心地よさを体感する「グランピング」をより手軽に!ということで、

「ベランピング」というスタイルも人気になってきています。

 

 

その名前の通り、家のベランダや庭で気軽に楽しめるアウトドアスタイルのことで、

なかなかお出かけの都合をつけにくい方にもおすすめです。

 

家のそばなので、お仕事終わりに夜からでも。

ランタンなどで空間を演出しながら星空を眺めたりしても素敵ですよね。

 

 

 

おひとりでもご家族でも、ゆったりとした時間を過ごせる 「ベランピング」ぜひ試してみてください。

 

トイレを空間としてみてみる

今日は、偶然にもトイレのことを考える時間が

沢山重なりました。

その中で感じたことをつらつらとつづってみたいと思います。

 

 

いきなりですが、みなさんにとってトイレに行く目的って

どんな時ですか?

 

 

 

それは当たり前に用をたすときに行く

というのが一番だと思うのですが、

それ以外にもトイレに行く目的があるのでは?という

 

”トイレ空間の価値”

 

が今、見直されているように感じます。

 

 

 

無意識に行っているので

トイレに行く時の目的なんて考えたことなかったよ!!と思ったのですが、

 

今日、LIXIL主催のセミナーでも同じような事が

提唱されていました。

 

 

私にとってのトイレの時間は

一人になる時間、考え事をする空間、気持ちをリセットする空間、本を読む空間

 

として利用していたかなと思います。

 

 

私は読書が好きなので

片時も離れたくないと思ってしまうほど家のいたるところに本があります。

 

 

トイレは私にとっての図書館

 

でもあったりするのです笑

 

 

 

そういった、本来の目的ではない使われ方をすることで

『空間』としてもっともっと充実したものを私たちコーディネーターも

ご提案をしていくべきなのでは?と考えます。

 

 

 

人それぞれ、トイレの目的

 

は異なると思いますが、みなさんの生活のいち部であるトイレ空間について

 

じっくり考えてみるのも面白いな~と

 

 

 

今日のセミナーで謎のボックスに入って

思ったのでした。

 

ちょっと、リヨデホームでもトイレ空間について

これから話し合ってみようと思います^^

 

 

 

雑誌に掲載されました

現在発売中の「SUUMO注文住宅北海道で建てる」5月号に、

リヨ・デ・ホームのモデルハウスや実例集が掲載されています。

 

GW前にグランドオープンしたCASA×LABO ’20sについてもたっぷりと載っており、

読み応え抜群です。

 

 

別冊ではオクラホマさんがcasa×craftモデルにいらしたときの記事も掲載されています。

 

 

書店などで見かけた際にはぜひお手にとってみてくださいね!

ディスプレイ 夏バージョンへ

リヨ・デ・ホームのホールは季節ごとにディスプレイを変えています。

5月末なのに真夏の気温のこの頃・・・これはもうディスプレイを夏バージョンにしなければ!

ということで、さわやかなグリーンを飾りつけ

ツタ系の植物を巻き付けたり、帆布のバックをひっかけたり

ブリキのロゴと、多肉植物のピックを散らしたり

 

見た目がさわやかになりました!!

 

植物や緑の持つ心理効果の中にリラックス効果があります。

 

「熱い・・・・」というストレスを軽減するのにも効果的かもしれません。

 

 

このページの先頭へ