home > ブログ > casa x craft

BLOG

casa x craft

照明の勉強会に行ってきました

今日もこんもり雪が降って寒いですね。

インフルエンザも流行っているようなので、

いつも以上にうがい手洗い欠かせない毎日です。

 

 

そんな吹雪の中、今日は照明メーカーのひとつ「DAIKO」さんで

行われた照明セミナーに参加してきました!

 

 

 

普段、間接照明をリヨデホームでは使用することは少ないですが、

間接照明のメリットや美しく見えるコツ、細部の寸法、明るさの計算方法まで

多岐にわたる貴重なお話を聞かせていただきました。

 

 

CASA×CASAやCASA×craftのテイストには取り入れてみても面白いなとも

思いましたし、光源が直接みえるとまぶしくて困る寝室や

吹き抜けに間接照明は向いているな~とも思いました。

 

 

細部にまでこだわって美しさを求める照明計画の奥深さを考えると

まだまだデザインや魅せ方の追求はできるんだ!とやる気スイッチをおされて

また吹雪の中、とろとろと帰ってきたのでした。

 

 

 

番外編:

このゆるきゃらに癒されました。かわいい笑

 

カーテンを想像する

今日は、お施主様とカーテンの打ち合わせに

行ってきました。

 

 

 

いつもお世話になっている

”カーテン ラボ”さんで

たくさんの生地に囲まれてイメージを膨らませていきます。

 

 

キッチンの横につけるカーテンは、

油はねやほこりが気になる場所なので、

 

 

・こまめにとりかえる

・デザインにこだわりたい

・視線をさえぎりたい

 

というご要望から、

お洒落なアイアン調の突っ張り棒×カーテンクリップで

気分に合わせて気軽にとりかけられるようなご提案にまとまりました。

 

カーテン生地は、

床や壁との相性もあります。

 

 

 

柄物が良いのか?無地が良いのか?

素材で遊ぶ??アクセサリーを身に着けるようにタッセルを??

 

 

わくわくと妄想が膨らみます。

 

 

 

そして今日とってもかわいいシリーズを見つけてしまい、

お客様と盛り上がっていたのが、こちらのシリーズ↓

 

スミノエさんで出している

キギがデザインしたシリーズです!!

 

 

色合いが絶妙だな~あれ?このイラストのタッチみたことあるな、、!!

 

と思ったら、私が昔からなんかいいな~と思って手にしていた

絵本や雑貨も出している方々のデザインユニットでした。

 

 

もう、これはめぐりあわせ

 

 

カーテンも出会いなので、

家のカーテンをかえようかな~と思いはじめています。。

HOUZZを参考にしてみては・・・

Houzz(ハウズ)と言う、住宅デザインの情報サイトをご存知でしょうか?

ひと言では収まらない利用価値の高さを誇るサービスを展開していますが、今回は、家づくりを計画中の方に役立つ、インテリアデザインの事例を集めるツールとしての利用方法をご紹介します。

2009年アメリカで誕生し、日本では2015年4月にサービスを開始。
住宅建築やりリノベーションの際のデザイン参考事例サイトとしては、プロの意見、情報、事例が豊富に集積されている、国内の同じカテゴリのサービスとは一線を画したサイトです。

注文住宅ならではの大きな楽しみの一つが、どんなインテリアにするのかを考えることだと思います。そんな時、一定以上の品質の事例を一度に大量にストックできれば、その分、色々と自分で考えたり、比較検討することができますね。

私たちもお客様との情報共有に活用しています。

ぜひ参考にしてみてください。

HOUZZ  https://www.houzz.jp/

 

予備暖房

寒くなってきましたね

今年の冬は昨年まで使っていた暖房の他にも 震災のことを考えて

防災対策したいところですね

そんなことを思って 大好きなアラジンストープをみていたら

今年はグレーが限定カラーとして発売されてました!

シブい!カッコイイ!!

けど高いんだよな~、、、

皆さまは何か考えていらっしゃいますか ?

ミラノサローネ

  インテリアの仕事をしている、インテリアに興味がある方には

一度は行ってみたい!と思っている方も多いはず。

「ミラノサローネ」

本日、株式会社LIXILより講師の方が来られて、スタッフ一同講演を聞きました。

今、日本でもトレンドになりつつあるような、聞いたことがある言葉、などなど

とても興味深く聞かせて頂きました。

これから着工する「新モデル」

こちらにも今日勉強したことが生かせるようにと思います。

私個人的には

「B&B」

「Rossanaorandi」

「ernestmeda」

「DIESEL」

が気になりました。

DIESELはファッションでも好きですが、インダストリアル好きであればチェックして

見てはいかがでしょうか?

 

     

色々なヒント

トレンドをつかんだり

 

次はこういったインテリアを提案してみたいな。と

想像を膨らませたり、

 

 

お客様が笑顔になってくれるようなお家づくりには

私たちスタッフがもっともっと、インプットをする時間が重要だな~と

 

 

そこで、休日や早めに仕事を終えた日に

本屋さんに行っては色々と

せめて本の中だけでもと思い旅をするのですが、

 

先日出会ったこちらの雑誌↓

 

表紙に惹かれて即購入

中身も充実の内容でした!!

 

 

最近では、リヨ・デ・ホームが得意としているインダストリアルな雰囲気はもちろんのこと、

少し遊びを入れたホテルライクなインテリアも注目されているように思います。

 

 

 

いつみても、コンクリート×木×アイアンの組み合わせは色褪せることなく

かっこいいですね!!

 

また、建築現場で出た廃材を再利用したインテリアも

掲載されていました。

 

何か、弊社でも廃材利用したオブジェとかできたら欲しい方とかいらっしゃるのでしょうか、、、?

リビングや玄関の壁に飾るミニヘリンボーンとかね。かわいい気がします。

 

 

外装下地防水

 リヨ・デ・ホームでは、防水検査を全棟おこなっております。

防水は構造に次いで 住宅では重要な工事になります。

外壁を貫通・開口している箇所の処理がきちんとおこなわれているか

どうかを検査します。

基本的には 施工マニュアルにのっとって施工します。

下の写真は 電気配線の貫通部の防水です。

下側のテープを貼った上に 上側のテープを被せるように貼る

ことで 水が浸入するこなく下へ流れていきます。

窓廻りの防水も テープを貼っておこないます。

 

窓廻りの四方にみえる黒いのが防水テープです。

こちらのテープの貼り方にも 基準があります。

すべて目視検査ですが この検査をきちんとおこなうことで

雨水の進入の可能性を より少なくしています。

検査の状況写真は お引き渡しの時にお客様へもお渡しして

いますので そちらもご覧いただければと思います。

 

 

 

 

新規分譲地横にモデルハウス建設します!

ハロウィーンが終わるともうクリスマスな気分ですね。

サンタさんからのプレゼントではありませんが、

皆様に新しい情報をお知らせします。

会社から10分程度の白石区中央に新規分譲地を5区画分取得しました!

JR及び地下鉄のダブルアクセスできます。

また、こちらの分譲地横に来春新規モデルハウスも完成予定です。

今からモデルハウスのコンセプトを形にしていきます。

LABO好きな方もそこまでじゃない方も

是非 お楽しみに!

 

土地の情報もUPしてます。

詳細はココをクリック 白石中央土地

戸建てリノベーション工事が始まります

今年の1月にTUTAYAで開催したリノベーションイベントへ

来場くださったお客様。

いよいよ昨日から工事が始まりました。

クラフトモデルの階段イメージを気に入って頂き

約10カ月お打合せを重ねてきました。

お宅は新建材の床、階段も箱階段でした。

どうしても無垢材を使って、階段も鉄骨階段にしたい!

というご希望をかなえられるようこれから現場での作業を

していきます。

リフォームは解体してからじゃないとわからないところもあります

ですので、気を付けて進めていきたいと思います。

 

完成は来年1月末を予定しております。

ぜひ、オープンハウスを開催させていただくつもりですので

リノベーションにご興味がある方は楽しみにしていてください。

クッションフロア AWコレクション

日ごろから壁紙や床材、タイルなど

家で使われる素材は洋服のような感覚で合わせていったら

きっと楽しいんだろうな~と想像しております。

 

今日は、コーディネーターが勝手にセレクトする

「クッションフロア AWコレクション!」と題して

様々なクッションフロアを紹介してみようかなと思います。笑

 

売れ筋や、使ってみたい、トレンドだね!という

ほんとにただただ勝手な視点で選んだので、

偏っていたり趣味に合わないわ、、このコーディネーター大丈夫?

 

と、思われるかもしれない怖い企画ですが

お付き合いください。

 

 

さっそくですが、

審査に残ったクッションフロアは以下のラインナップです。

 

柄ものやシンプルなタイル調、リヨデホームっぽいね。と言っていただけそうな

少し無骨なものまで審査対象となりました。

(しかし、審査もなにもかも一人で行っています。自作自演。笑)

 

↑リヨデホームっぽくて、大人っぽい、無難なタイル調

こちらは、サンゲツのHM-6084です。

「ちゃんと目地の凹凸もあって光沢ものなくいいですね~」

「シンプルでどんなイメージにも似合いそう。」

 

↑こちらは新作の大胆な柄タイル調

サンゲツのHM-4116です。

「床が主役になるようなコーディネートも乙ですね」

「流行のモロッコぽい雰囲気も出そうでいいね」

「ブルーの壁紙やパープルの壁紙など遊び心が欲しいときに使えそう!」

 

↑こちらも元は名古屋モザイクさんのタイルが店舗やドラマのセットなどで普及していって

現在はクッションフロアでも採用されている長く愛されるタイル柄

サンゲツのHM-4136です。

「色合いも絶妙で一見派手だけど、意外としっくり木材との相性もいいよね」

「定番になっているから、ひとひねり欲しい場合にはちょっとつまらないかなぁ?」

賛否両論ありそうですね。

 

↑不規則なドット柄で丸もいびつな手書き感が女性に人気

サンゲツのHM-4117です。

こちらは、先ほどのモロッコっぽいタイル調も提案してくださっている

夏水組さんプロデュースの柄です。

「かわいいーーーーーー」

「不規則なところがトレンドっぽくていいですね」

ケイトスペードみたいでテンションあがる」

「男前インテリアでもフランスっぽい女性的なインテリアでもどっちでもいけそう」

好評化が聞こえてきました。

 

 

さぁこの中から、トレンドを抑えたオシャレ且つ飽きのこない

選ばれしグランプリは!!!!!!!!!

 

ドロロロロロロロロロロロロロロロ、、、じゃーん!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンゲツHM-4117

モノトーンで不規則なドット柄がどんなスタイルにもすぐにマッチする

こちらのクッションフロアが

2018AWコレクションのグランプリに輝きました☆☆☆

 

総評として、

ユーティリティーやトイレなどの空間で主に使われるクッションフロアでは、

毎日使う場所だからこそ少しでもテンションが上がる柄を選んでみたり、

遊びを入れたいのか?汚れを気にしたくないのか?リビング等と統一させたいのか?

 

冒険するもよし、統一感を求めるもよし、

 

 

それは全て、目的を明確にすることで使うべき柄が見えてくると思います。

当たり前のことですが、迷った時こそ原点に戻ってみましょう。

 

 

 

このページの先頭へ