home > ブログ > VS BLUE WOOD

BLOG

VS BLUE WOOD

暮らしを想像させること

先日、新しい壁紙のサンプルが届きました。

 

最近のカタログは

冒頭ページに面白い企画ものを持ってきている印象ですが、

今回のサンゲツさんのカタログもまた面白かったので

ご紹介しますね。

 

 

なにやら、ファッション誌の企画のようなタイトル

「インテリア・スタイリストの一週間コーデ」的な企画ページにぐっと惹かれました。

 

 

 

こんなにお洒落な生活の人はなかなかいないだろう。。

どんだけコーディネーター宅に呼ばれているのだ?!とツッコみたくなりましたが(笑)

 

『空間のイメージのしやすさ』

 

という観点ではこのくらい振っても良いのかもしれないと勉強になりました。

 

私たちもお客様にわかりやすく寄り添った言葉で空間のイメージをお伝えしなくてはならない立場として、

もっともっと想像力豊かに

 

 

「リヨで建ててよかった」

 

 

と仰っていただけるよう邁進していきます。

ドアプレート

10連休も終わり今日から仕事や学校という方が多いのではないでしょうか。

あっという間に終わった、長かったな、感じ方はそれぞれ違います。

次の連休はなんと、7月・・・ ‼ それまで頑張りましょうね‼

 

さて、リヨ・デ・ホームの新モデルハウスご来場いただいた方は

こちらの小さなドアプレートお気づきになった方もいると思います。

 

小さいのに存在感があり邪魔することがありませんね。

 

最近はこんなおしゃれなものも数多くあります。

 

新モデルハウスにご来場される際はいくつドアプレートがあるか

 

探しながら見て回ってくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

玄関ポスト

家の顔となる玄関のポストについて。

 

郵便物を入れるポストには大きく分けて二つあります。

・埋め込み型ポスト

外壁等に埋め込むため、設計段階で設置位置を決めておく必要があります。
内側から郵便物を取り出せるので、郵便物の盗難を防ぐという点でも安心です。
デザインはシンプルなものが多いですが、表札と一体化した物もあり、外壁のアクセントにすることも可能です。

 

・壁掛けタイプ

自宅の壁に直接設置されるタイプです。

主に玄関周りの壁に設置されます。
デザインも豊富なので、ちょっと玄関周りの雰囲気を変えたいという時にも重宝します。

 

また今では再配達不要な宅配ポスト一体型の物もあり、バリエーションも豊かです。

 

お家の雰囲気や使い勝手によってポスト選びをしてみて下さね。

スマートキーについて

新築やリフォームをお考えの方はスマートキーにしたいという方も多いはず。

スマートキーには、

カードやシール、スマホをかさずシステムのもの、

ドアノブのボタンをタッチするシステムのもの、

鍵を持って近づくだけで開くシステムのものがあります。

車と同じような施錠が出来てしまうのです。

小さいお子様がいる世帯や、荷物で手がふさがっている時などとても便利ですよね。

鍵をいちいち鞄の中から探す手間も省けます。

スマートキーは初期費用は少し掛かりますが、それ以上の価値があると思います。

もちろん今もスマートキーではなく、通常の鍵にされる方も多いです。

 

ライフスタイルにあった鍵選びをしてみてくださいね。

 

 

ちなみに弊社もスマートキーです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

階段のお話

皆さんはどんな階段がお好きですか。

階段は空間の印象を左右する大きな要素です。

今回は鉄骨の階段の例をご紹介します。

リビングにこの階段があるだけでインパクトがあります。

スケルトンなので南向きの窓の前にあっても採光を妨げることもありません。

空間的にはリビングが広く使えるというメリットもあります。

デメリットをあえて挙げるとしたら、階段下収納が無いので他に収納を計画する

必要がある事と・・・価格が普通の階段に比べて高いこと。

人によっては隙間から落ちそうになって怖い、お子さんが落ちるかもという方もいらっしゃいます。

まず落ちることは無いんですけどね。 

色々な施工例で階段に注目して見てみて下さい。

とても面白いですよ。

 

 

間仕切りで遊ぶ

「軽く仕切る」

ゲストルームや収納に扉はつけたくないけど仕切りたいってこと

ありますよね?

リヨ・デ・ホームでは、アイアンポールにレースやカーテンを取り付けることが

多いのですが、

他にも曖昧な仕切り方のバリエーションはないものか?と

と目を光らせていたところ

先日食事をしたお店で

これは、CASA×LABO や casa×craft で使えそう!だなと思ったのが

こちら↓↓


様々なロープを束ねたカーテン風な間仕切りです。

頒布のようなナチュラルさもあり

カーテンよりは遊び心があって空間のアクセントになりそうだな!!!と

思わず写真を撮ってしまいました。

ボタニカルな空間にもマッチしますし

デニム素材やアイアン、ナラ材などのインダストリアルな空間にも

似合いそう


照明にもロープを巻いて

間仕切りとリンクさせて思いっきり遊ぶ空間も

面白いのでは??

インダストリアルデザイン

インダストリアルデザイン

先日、インターネットで今注目のインテリア!でいろいろ検索していたら

3つのポイントが紹介されていました。

① レザーアイテムを取り入れる

  ヴィンテージ感のあるレザーはインテリアの格を上げてくれます

② 木と鉄の組み合わせ

  鉄だけではつけたい印象になる、木だけだとナチュラルな印象になる

  2つを組み合わせるとインダストリアルなインテリアに。

③ 色合いは全体的にダークトーンで

  無骨でクイールな印象にすることが大切

  ブルーを使うにしても少しくすんだ色にするのがポイント

  無機質すぎると感じたらデニム素材を使うなどしてカジュアルさをプラスする

 

こんな感じで簡単にインダストリアル空間を演出できます。

気になる方はリヨのホームページを参考にしてみてください。

照明の勉強会に行ってきました

今日もこんもり雪が降って寒いですね。

インフルエンザも流行っているようなので、

いつも以上にうがい手洗い欠かせない毎日です。

 

 

そんな吹雪の中、今日は照明メーカーのひとつ「DAIKO」さんで

行われた照明セミナーに参加してきました!

 

 

 

普段、間接照明をリヨデホームでは使用することは少ないですが、

間接照明のメリットや美しく見えるコツ、細部の寸法、明るさの計算方法まで

多岐にわたる貴重なお話を聞かせていただきました。

 

 

CASA×CASAやCASA×craftのテイストには取り入れてみても面白いなとも

思いましたし、光源が直接みえるとまぶしくて困る寝室や

吹き抜けに間接照明は向いているな~とも思いました。

 

 

細部にまでこだわって美しさを求める照明計画の奥深さを考えると

まだまだデザインや魅せ方の追求はできるんだ!とやる気スイッチをおされて

また吹雪の中、とろとろと帰ってきたのでした。

 

 

 

番外編:

このゆるきゃらに癒されました。かわいい笑

 

レンガのこと

明日はクリスマスイブですね。

いい子にしていると、レンガの煙突からサンタさんがやってくるイメージがありますね。

レンガというと、西洋のイメージがありますが、札幌でもレンガが製造されていたそうで、

歴史をたどると明治時代まで遡ります。

なんと弊社のある白石区でレンガが製造されていたそうです!

赤レンガ庁舎やサッポロビール博物館でなどにも、白石で作られたレンガが使用されているんだそうです。

 

「casa×LABO」ではインダストリアルな住空間をご提案しています。

インダストリアルな雰囲気をつくるのにポイントになる「レンガ」 、札幌と縁があったとは・・・。

レンガやレンガ調タイルを使用した施工例がこちら

ご興味があれば、ぜひお問合せ下さい!

 

カーテンを想像する

今日は、お施主様とカーテンの打ち合わせに

行ってきました。

 

 

 

いつもお世話になっている

”カーテン ラボ”さんで

たくさんの生地に囲まれてイメージを膨らませていきます。

 

 

キッチンの横につけるカーテンは、

油はねやほこりが気になる場所なので、

 

 

・こまめにとりかえる

・デザインにこだわりたい

・視線をさえぎりたい

 

というご要望から、

お洒落なアイアン調の突っ張り棒×カーテンクリップで

気分に合わせて気軽にとりかけられるようなご提案にまとまりました。

 

カーテン生地は、

床や壁との相性もあります。

 

 

 

柄物が良いのか?無地が良いのか?

素材で遊ぶ??アクセサリーを身に着けるようにタッセルを??

 

 

わくわくと妄想が膨らみます。

 

 

 

そして今日とってもかわいいシリーズを見つけてしまい、

お客様と盛り上がっていたのが、こちらのシリーズ↓

 

スミノエさんで出している

キギがデザインしたシリーズです!!

 

 

色合いが絶妙だな~あれ?このイラストのタッチみたことあるな、、!!

 

と思ったら、私が昔からなんかいいな~と思って手にしていた

絵本や雑貨も出している方々のデザインユニットでした。

 

 

もう、これはめぐりあわせ

 

 

カーテンも出会いなので、

家のカーテンをかえようかな~と思いはじめています。。

このページの先頭へ