home > ブログ > CASA x LABO

BLOG

CASA x LABO

夏、イベント

日増しに暑さと湿度が増している今日この頃、

皆様体調は大丈夫でしょうか?

 

7月13日~15日までの3連休は白石中央のモデルハウスにて、

リヨ・デ・ホームのサマーイベントを開催させて頂きました。

 

イベント期間中は、朝採れ野菜のプレゼントやプレ七夕、

かわいいティピーテントが設置されたり、キッチンカーが

登場する等大盛況のうちに終えました。

モデルハウスもいつもとは違う表情を覗かせ、

どこか新鮮な雰囲気が漂っていました。

 

来場してくれたお子様たちの七夕の願い事は

どれも見ているだけで心が和みます。

みんなの願いが叶うといいなぁ。

 

 

さぁ、これから北海道は夏真っ盛り!

皆さんも熱い夏を楽しみましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

収納を考える

本日は、今月末に着工を控えているお施主様との

打合せでした。

 

ご主人がDIY好きということもあり

 

様々な道具を収納したり

 

今現在も沢山のアイディアで収納を楽しまれている為、

新居でもこだわって収納や仕上げを考えたい!というご希望をいただきました。

 

 

ご主人自ら収納ボックスや道具たちの寸法を細かく測ってきていただき

その寸法に合うように私たちも提案書を作成しています。

 

提案書=「展開図」

 

と呼ばれる図面を使いながら

 

『ここはこの箱を収めるので、40センチあけておきましょう』

などとスケールを使いながら立体をみんなで想像して

作り上げていく打合せは

 

エネルギーをいつも以上に使いますが、

 

 

出来上がった時のことを想像し

今の大変さもきっと笑顔に換算される日が来るのかな。と思うと

俄然やる気が出てきます。

 

家づくりは、考えることが沢山あるので

苦しいな~と思う時もあるかもしれません。

 

 

でも、その苦しみを笑顔に変えられるように

私たちがサポートしていきまので、お悩みはお気軽にご相談ください^^

Replan vol.125に掲載されています

6月28日に発売されたReplan 125号にリヨ・デ・ホームの新モデル「CASA×LABO’20」の記事が掲載されています。

玄関を開けると広がる、開放的な空間。

1Fを彩るのはCRASH GATEさんのお洒落な家具の数々。

 

その他、進化したインダストリアルのお話や、コラボレーションのお話、その想いなどが記事に掲載されています。

書店でお見かけになりましたら、ぜひお手にとってご覧になってみてください。

お花を植えてきました

先日ブログでご紹介していたお花たち。

高砂のモデルハウスに植えてまいりました!

こんな感じで元気に咲いております。

 

 

お庭まわりがとても明るい印象になりました。

 

7月に入ったのにも関わらず、少し肌寒いと思ってしまうような日も続いていますよね。

 

色とりどりのお花に元気をもらいつつ、乗り切って行きましょう!

 

ブランドロゴ

住宅街を通ると、この家素敵なお家だなー って思う事がありますよね。

近年リヨ・デ・ホームの施主様にブランドロゴをつけて頂く方が増えております。

リヨ・デ・ホームの家は外観がシンプルなものが多く、

ロゴをつける事によって雰囲気がグッと増し、

一目置かれるのではないでしょうか。

 

 

 

 

是非ご検討してみてくださいね!

 

 

「ベランピング」

「グランピング」というワードを耳にしたことがあるでしょうか。

 

「グランピング」とはアウトドア好きの間で話題になっている体験型の旅行のことで、

【グラマラス(魅力的な)】と【キャンピング】を掛け合わせた造語のようです。

 

 

近ごろ、このキャンプの屋外ならではの不自由さを解消して、

より快適にすごしながらも自然の心地よさを体感する「グランピング」をより手軽に!ということで、

「ベランピング」というスタイルも人気になってきています。

 

 

その名前の通り、家のベランダや庭で気軽に楽しめるアウトドアスタイルのことで、

なかなかお出かけの都合をつけにくい方にもおすすめです。

 

家のそばなので、お仕事終わりに夜からでも。

ランタンなどで空間を演出しながら星空を眺めたりしても素敵ですよね。

 

 

 

おひとりでもご家族でも、ゆったりとした時間を過ごせる 「ベランピング」ぜひ試してみてください。

 

トイレを空間としてみてみる

今日は、偶然にもトイレのことを考える時間が

沢山重なりました。

その中で感じたことをつらつらとつづってみたいと思います。

 

 

いきなりですが、みなさんにとってトイレに行く目的って

どんな時ですか?

 

 

 

それは当たり前に用をたすときに行く

というのが一番だと思うのですが、

それ以外にもトイレに行く目的があるのでは?という

 

”トイレ空間の価値”

 

が今、見直されているように感じます。

 

 

 

無意識に行っているので

トイレに行く時の目的なんて考えたことなかったよ!!と思ったのですが、

 

今日、LIXIL主催のセミナーでも同じような事が

提唱されていました。

 

 

私にとってのトイレの時間は

一人になる時間、考え事をする空間、気持ちをリセットする空間、本を読む空間

 

として利用していたかなと思います。

 

 

私は読書が好きなので

片時も離れたくないと思ってしまうほど家のいたるところに本があります。

 

 

トイレは私にとっての図書館

 

でもあったりするのです笑

 

 

 

そういった、本来の目的ではない使われ方をすることで

『空間』としてもっともっと充実したものを私たちコーディネーターも

ご提案をしていくべきなのでは?と考えます。

 

 

 

人それぞれ、トイレの目的

 

は異なると思いますが、みなさんの生活のいち部であるトイレ空間について

 

じっくり考えてみるのも面白いな~と

 

 

 

今日のセミナーで謎のボックスに入って

思ったのでした。

 

ちょっと、リヨデホームでもトイレ空間について

これから話し合ってみようと思います^^

 

 

 

実例集のお話

リヨ・デ・ホームに資料請求のご依頼をいただいて、お客様にお送りする資料の中に実例集を同封させていただいております。

ラインナップも少しづつ増えて、現在は5つの家の実例をお届けしております。

改めて並べてみると、似たテイストやデザインが並びインダストリアルデザインの家も

浸透してきたと感じる反面、デザインのテイストは似ていてもそれぞれ家を建てたプロセスは様々だったな・・・

と感慨深くなりました。

 

例えば

 

土地を所有されていた分土地探しの必要はなかった分、じっくり間取りと仕様のお打合せに時間をかけられた方。

 

土地を契約された直後に初めてモデルハウスでお会いして、リヨ・デ・ホームの家を一目で気に入られ

ご夫婦共にインダストリアルデザインに目覚めた方。

 

諦めていた土地を急に入手できることとなり、大急ぎで間取りや仕様を、ご夫婦の素晴らしい決断力と行動力で

グイグイと前に進められたご夫婦と、元気で可愛い娘さん。

 

10年経った今でも、新鮮にご自分の家が素敵だ、と言って下さるOBのお客様。

 

それぞれのプロセスを経てそれぞれの思いが形になった施工実例集となっております。

 

 

 

インダストリアルデザインとの出会い

今日は、リヨ・デ・ホームのCASA×LABOシリーズの始まりについて書いてみたいと思います。

ちょうど7年前。

社長が福岡のコードスタイルさんと出会ったところから始まりました。

そのころもうすでにインダストリアルの雄と言われていて、

住宅のデザインとしてはまだ札幌で見たことがなかった私たちは

コードスタイルさんのアドバイスをいただき、初めのショールームを作りました。

あれから7年。

CASA×LABOも進化しています。 

コードスタイルさんとは今もパートナーとして情報交換をさせていただいております。

インダストリアルが好きな方はぜひ一度ホームページをご覧になってみては?

 

 

雑誌に掲載されました

現在発売中の「SUUMO注文住宅北海道で建てる」5月号に、

リヨ・デ・ホームのモデルハウスや実例集が掲載されています。

 

GW前にグランドオープンしたCASA×LABO ’20sについてもたっぷりと載っており、

読み応え抜群です。

 

 

別冊ではオクラホマさんがcasa×craftモデルにいらしたときの記事も掲載されています。

 

 

書店などで見かけた際にはぜひお手にとってみてくださいね!

このページの先頭へ