home > ブログ > CASA x LABO

BLOG

CASA x LABO

暮らしを想像させること

先日、新しい壁紙のサンプルが届きました。

 

最近のカタログは

冒頭ページに面白い企画ものを持ってきている印象ですが、

今回のサンゲツさんのカタログもまた面白かったので

ご紹介しますね。

 

 

なにやら、ファッション誌の企画のようなタイトル

「インテリア・スタイリストの一週間コーデ」的な企画ページにぐっと惹かれました。

 

 

 

こんなにお洒落な生活の人はなかなかいないだろう。。

どんだけコーディネーター宅に呼ばれているのだ?!とツッコみたくなりましたが(笑)

 

『空間のイメージのしやすさ』

 

という観点ではこのくらい振っても良いのかもしれないと勉強になりました。

 

私たちもお客様にわかりやすく寄り添った言葉で空間のイメージをお伝えしなくてはならない立場として、

もっともっと想像力豊かに

 

 

「リヨで建ててよかった」

 

 

と仰っていただけるよう邁進していきます。

ドアの色

室内ドアの色はどんな色がお好みでしょうか。床の色に合わせる、壁に合わせて白くする。

インダストリアルデザインがお好きな方は濃いグリーンやネイビー、ブラックなどを

好まれるのかもしれません。好みのよって色々な考え方があると思います。

インテリアにもう少し色を入れたい、と思われている方は室内ドアに色を入れてみては

いかがでしょうか。

「勇気がない・・・」「どんな風になるか想像がつかない・・・」

そんな方はリヨ・デ・ホームの新しいモデルハウスにいらしてみてはいかがでしょうか。

 

この色合いが結構空間に馴染んでいるんです。

ぜひ一度実物をご覧ください。

5月中の土日は10:00~17:00まで、予約無しでご覧いただけます。

詳しくはこちら

 

ドアプレート

10連休も終わり今日から仕事や学校という方が多いのではないでしょうか。

あっという間に終わった、長かったな、感じ方はそれぞれ違います。

次の連休はなんと、7月・・・ ‼ それまで頑張りましょうね‼

 

さて、リヨ・デ・ホームの新モデルハウスご来場いただいた方は

こちらの小さなドアプレートお気づきになった方もいると思います。

 

小さいのに存在感があり邪魔することがありませんね。

 

最近はこんなおしゃれなものも数多くあります。

 

新モデルハウスにご来場される際はいくつドアプレートがあるか

 

探しながら見て回ってくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

黒板でアクセントカラー?

長かったGWも本日いよいよ最終日です。

 

桜も開花し、おでかけ日和なお天気が多かったお休み期間でしたね。

 

そんな中リヨ・デ・ホームは新しいモデルハウスをグランドオープンさせていただきました。

 

足をお運びいただいたみなさま、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

今回はその新モデルハウスから、楽しいお家作りのアイデアを1つご紹介いたします。

 

一際目を引くこのピーコックブルーの壁。

 

 

 

 

実はチョークで書き込める黒板のようになっているんです。

 

写真のようにチョークアートで空間を演出しても良いですし、

 

お子様のお絵かき用やメッセージボードとしても活躍してくれます。

 

色味もブルー以外にもさまざまあり、お家のインテリアを引き立てるアクセントになります。

 

ぜひ実物をモデルハウスへ見にいらしてくださいね。

 

5月中は毎週末ご予約なしでもご来場いただけます。

 

みなさまのお越しを心よりお待ちしております!

 

 

デザインと進化

インダストリアルデザイン、近年頻繁に聞く言葉です。

かっこいいインテリアを画像検索すると出て来る写真の中に

インダストリアルデザインのものも多く含まれます。

そもそも一昔前は住宅業界の中でインダストリアルデザインという言葉は

あまり使われておりませんでした。

インダストリアルデザインという言葉は少し前まで「工業デザイン」という意味でしか

使われておりませんでした。工業製品など大量生産されているもので

実用性重視の武骨なもの、というイメージでした。

その武骨さが逆にかっこいい!と皆が思うようになり浸透していきました。

実用性重視の武骨なデザインが生まれ、それを「なんかかっこいい!」と思う

人が現れ「かっこいいけど・・・もう少し柔らかい感じだったら受け入れられるのに・・」

という人も現れます。

今、世の中の色々なデザインを改めて見てみると、意外と起源は実用性重視というものが多いです。

建築とは関係ないですが

ジープは元々は軍の為のものでした。

今はカラフルなかっこよく、かわいらしい四駆の車が街を走っております。

Pコートは元々海軍の兵隊さんが船上で来ていたもの。

ダッフルコートは漁師さん、ワークブーツは労働者、

デニムのパンツは金塊を掘る労働者のズボン・・・・

などなど、今身の回りにあるもの元々は実用性最重視だった物たちが

現代ではカラフルになったり、丸みを帯びたりとおしゃれな姿で日常に溶け込み

「武骨過ぎるのはちょっと・・・」と思っていた方人達がすんなりと受け入れ

むしろそれらを好むようになってきます。

 

などなど、多少理屈っぽい事を書きましたが、リヨ・デ・ホームの新モデルハウスを

ご覧になっていただければ携えてだとければインダストリアルデザインの

進化形を体感していただけると思っております。

こちらからどうぞ

 

 

 

新モデルのお披露目までもうすぐです!

ようやく暖かくなってきました。

朝晩はまだまだ冷えますが、日中は暑いと感じる瞬間もあるほどです。

世の中が様々に第一歩を踏み出すこの季節、リヨ・デ・ホームも新しい大きな第一歩を歩き出しました。

すでにホームページでの告知が始まっていますが、まったく新しい提案の「CASA× LABO 20’」の誕生です。

先日、工事中のモデルハウスに立ち寄ったところ、ちょうど玄関横のサインの取り付けをして頂いていました。

 

 

いかがですか?もうすでに、この時点でかっこいいです(笑)

 

施工してくださる皆さま、応援してくださるお客様の力に支えられて、いよいよ完成の運びとなりました。

ベースはCASA×LABOのかっこいいインダストリアル、それに加えた絶妙なアクセント、そして玄関を開けて広がる空間のマジック…

全貌は当日までのお楽しみです!

 

ゴールデンウィーク期間中は、毎日イベントを開催しています。

ぜひ、お誘い合わせの上、いらしてください!

ご来場お待ちしております!

 

詳しくはこちら

 

 

空間は少しでも広く

間取りプランでは部屋と部屋を間仕切壁で仕切ることが多いですが・・・

この写真では 寝室とウォークインクローゼットを背の高い腰壁で

仕切っています。

より広く感じますね。

 

仕切りとしての機能はあり 空間も広く感じられ 建具もないので

コストも抑えられます。

寝室とクローゼットも同じです。

もちろんコストも抑えられますが なにより 広く感じられます。 

クローゼットへの収納にも気を遣うので 整理整頓をするくせもつく

ような気がします。

そう考えると 良いことばかりなので 収納にもオープンな空間を

取り入れてみてください。

玄関ポスト

家の顔となる玄関のポストについて。

 

郵便物を入れるポストには大きく分けて二つあります。

・埋め込み型ポスト

外壁等に埋め込むため、設計段階で設置位置を決めておく必要があります。
内側から郵便物を取り出せるので、郵便物の盗難を防ぐという点でも安心です。
デザインはシンプルなものが多いですが、表札と一体化した物もあり、外壁のアクセントにすることも可能です。

 

・壁掛けタイプ

自宅の壁に直接設置されるタイプです。

主に玄関周りの壁に設置されます。
デザインも豊富なので、ちょっと玄関周りの雰囲気を変えたいという時にも重宝します。

 

また今では再配達不要な宅配ポスト一体型の物もあり、バリエーションも豊かです。

 

お家の雰囲気や使い勝手によってポスト選びをしてみて下さね。

新しい提案

木造住宅の壁の中には「筋交い」という部分があります。

構造上必要な柱もあります。

その柱や筋交いを空間になじませるのにいつも色々な提案をしています。

今回は筋交いの部分にちょっと太めの感覚でルーバーっぽくしてみました。

抜け感もあるけれど、ちゃんと仕切りにもなっていると思います。

ちょっとしたアイディアで、広く感じることが出来ると思います。

これからもどんどん新しい提案をしていきますね!

 

気になる照明

あと1か月ほどでオープン予定の

新しいモデルハウスですが、

 

先日こだわって選び抜いた

照明器具が届きました!

 

 

ずーっと気になっていて、いつか取り付けてみたいなと

妄想を膨らませていたのですが、

中々登場機会がなく温めていたアイデアを

やっとプラスすることが出来そうです^^

 

 

 

今回は、特別にすこしだけ

公開しちゃいますね。

 

 

こちら↓

 

これ、実は一つの照明器具で

なんと\10球/も電球がついているんです!!!

 

シャボン玉みたいで爽やかで透き通った中に

インパクトもあるので面白い空間のスパイスになってくれそうです。

 

 

 

モデルハウスのどこについているか、

もしご見学の際には探してみてくださいね。

 

このページの先頭へ