home > ブログ > OTHERS

BLOG

OTHERS

暮らしを想像させること

先日、新しい壁紙のサンプルが届きました。

 

最近のカタログは

冒頭ページに面白い企画ものを持ってきている印象ですが、

今回のサンゲツさんのカタログもまた面白かったので

ご紹介しますね。

 

 

なにやら、ファッション誌の企画のようなタイトル

「インテリア・スタイリストの一週間コーデ」的な企画ページにぐっと惹かれました。

 

 

 

こんなにお洒落な生活の人はなかなかいないだろう。。

どんだけコーディネーター宅に呼ばれているのだ?!とツッコみたくなりましたが(笑)

 

『空間のイメージのしやすさ』

 

という観点ではこのくらい振っても良いのかもしれないと勉強になりました。

 

私たちもお客様にわかりやすく寄り添った言葉で空間のイメージをお伝えしなくてはならない立場として、

もっともっと想像力豊かに

 

 

「リヨで建ててよかった」

 

 

と仰っていただけるよう邁進していきます。

ドアの色

室内ドアの色はどんな色がお好みでしょうか。床の色に合わせる、壁に合わせて白くする。

インダストリアルデザインがお好きな方は濃いグリーンやネイビー、ブラックなどを

好まれるのかもしれません。好みのよって色々な考え方があると思います。

インテリアにもう少し色を入れたい、と思われている方は室内ドアに色を入れてみては

いかがでしょうか。

「勇気がない・・・」「どんな風になるか想像がつかない・・・」

そんな方はリヨ・デ・ホームの新しいモデルハウスにいらしてみてはいかがでしょうか。

 

この色合いが結構空間に馴染んでいるんです。

ぜひ一度実物をご覧ください。

5月中の土日は10:00~17:00まで、予約無しでご覧いただけます。

詳しくはこちら

 

毎年恒例の

5月に入り、暖かくなったなーと思いきや、また暖房を付けたくなる日々もありました。

そんな中、リヨでは新社屋が出来てから毎年春に社員全員で近隣のゴミ拾いを行っています。

日頃から近隣の皆様にはご協力を頂いておりますので、その感謝の気持ちとして行っています。

その際、あまりにも桜がきれいだったので一枚。

スマイリストの杉山課長と村山さんです。

どんな顔をしているのかはぜひモデルハウスへお越しください!

椅子のお話

春の訪れとともに、新生活が始まった方も多いと思います。

インテリアを変えられた方もいるのでは?

今日は、椅子のお話をしたいと思います。

 

椅子と言っても、様々な種類がありますが、そもそも椅子はいつから使われていたのか?

気になって調べてみましたが、なんと紀元前4000年前のエジプトが起源と考えられているそうです!

そして日本で最も古いとされているのが、弥生時代の腰掛けなんだそうです。

すごいですね…。

ちなみに、現在のソファの祖先となる肘掛付きの長椅子は18世紀にフランスに登場しているんだそうです。

 

長い歴史の中で徐々に改良され、現代に至るまで様々な様式が生み出されたのですね…。

そして、「座る」という行為に、その当時の人は色々な思考を巡らし、装飾を施し、進化させていったのですね。

 

リヨ・デ・ホームのモデルハウスでも色々な家具がご覧いただけますよ。

 

 

一つ、お好きな家具に注目して歴史をたどってみるのもおもしろいですね。

 

 

インテリア選びは楽しいですが、たくさんありすぎて迷いがち。

そんな時は、ぜひ私たちにご相談くださいね。

 

黒板でアクセントカラー?

長かったGWも本日いよいよ最終日です。

 

桜も開花し、おでかけ日和なお天気が多かったお休み期間でしたね。

 

そんな中リヨ・デ・ホームは新しいモデルハウスをグランドオープンさせていただきました。

 

足をお運びいただいたみなさま、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

今回はその新モデルハウスから、楽しいお家作りのアイデアを1つご紹介いたします。

 

一際目を引くこのピーコックブルーの壁。

 

 

 

 

実はチョークで書き込める黒板のようになっているんです。

 

写真のようにチョークアートで空間を演出しても良いですし、

 

お子様のお絵かき用やメッセージボードとしても活躍してくれます。

 

色味もブルー以外にもさまざまあり、お家のインテリアを引き立てるアクセントになります。

 

ぜひ実物をモデルハウスへ見にいらしてくださいね。

 

5月中は毎週末ご予約なしでもご来場いただけます。

 

みなさまのお越しを心よりお待ちしております!

 

 

新しい時代

さて、4月にはいり暖かくなったとおもえばまた寒くなりという天候がつづきましたが、

札幌もようやく桜が満開となり春の気もちがいい季節となってきました。

 

そしてついに本日で平成最後の日となりましたね。

改元が発表されてからというもの、連日テレビなどで「平成最後の〇〇」

という言葉をよく耳にした数ヶ月かとおもいます。

このフレーズも今日が最後と思うと少し寂しいな…と感じるところです。

 

激動の平成が終わり明日から新しい令和の時代がはじまります。

令和という言葉は万葉集からの引用で

「明日への希望とともにそれぞれの花を大きく咲かせることができる」

そうした日本でありたいとの思いが込められているということです。

令和という言葉のとおり新時代もそれぞれが希望をもって生きられる

そんないい時代になるといいなと思うところです。

 

そんな新時代をむかえ、新しいことに挑戦してみたいと思う方も多いかと思います。

注文住宅の家づくりは何もないところから自分たちで家をつくっていく、

まさに新しい挑戦ですね。

施主様の希望が実現しすてきな家ができるようにわたくどもも努力していきます。

 

大型連休中、当社では新モデルでオープンイベントを開催中です。

連休前半もたくさんの方にご来場いただきまことにありがとうございます。

今後の日程については51日(水)はお休みさせていただきます。

5月2日は、イベントはありませんが、オープンしております。

53日~6日はイベントを開催させていただきますので、

たくさんの方のご来場お待ちしております。

ゴールデンウィーク

いよいよ明日からはゴールデンウィーク

 

今回はテレビなどでも話題になっておりますが、

なんと最長で10日間の大型連休になるようですね

 

実家へ帰省したり、

普段行けないところへ旅行へ行ったり、

普段できない事にチャレンジしたり、

過ごし方はそれぞれかと思いますが、

 

リヨ・デ・ホームのゴールデンウィークは

皆さんご存知の通り、

 

新モデルハウスのグランドオープンです!!

 

リヨ・デ・ホームの新たな空間をぜひ、

体験してみてくださいね!

 

ゴールデンウィーク中は、愉しいイベントも開催しております。

ご来場お待ちしております!!

 

 

 

 

 

デザインと進化

インダストリアルデザイン、近年頻繁に聞く言葉です。

かっこいいインテリアを画像検索すると出て来る写真の中に

インダストリアルデザインのものも多く含まれます。

そもそも一昔前は住宅業界の中でインダストリアルデザインという言葉は

あまり使われておりませんでした。

インダストリアルデザインという言葉は少し前まで「工業デザイン」という意味でしか

使われておりませんでした。工業製品など大量生産されているもので

実用性重視の武骨なもの、というイメージでした。

その武骨さが逆にかっこいい!と皆が思うようになり浸透していきました。

実用性重視の武骨なデザインが生まれ、それを「なんかかっこいい!」と思う

人が現れ「かっこいいけど・・・もう少し柔らかい感じだったら受け入れられるのに・・」

という人も現れます。

今、世の中の色々なデザインを改めて見てみると、意外と起源は実用性重視というものが多いです。

建築とは関係ないですが

ジープは元々は軍の為のものでした。

今はカラフルなかっこよく、かわいらしい四駆の車が街を走っております。

Pコートは元々海軍の兵隊さんが船上で来ていたもの。

ダッフルコートは漁師さん、ワークブーツは労働者、

デニムのパンツは金塊を掘る労働者のズボン・・・・

などなど、今身の回りにあるもの元々は実用性最重視だった物たちが

現代ではカラフルになったり、丸みを帯びたりとおしゃれな姿で日常に溶け込み

「武骨過ぎるのはちょっと・・・」と思っていた方人達がすんなりと受け入れ

むしろそれらを好むようになってきます。

 

などなど、多少理屈っぽい事を書きましたが、リヨ・デ・ホームの新モデルハウスを

ご覧になっていただければ携えてだとければインダストリアルデザインの

進化形を体感していただけると思っております。

こちらからどうぞ

 

 

 

自分達を知ることと雑学の大切さ

お家づくりで大切な事のひとつに

現状を把握し
固定概念にとらわれない事

も考えられるのでは?と

最近思います。

ご家族の生活パターンを
こと細く分析することで

ココをこうしたい!という
理想がうまれるのももちろんですし

悩みが改めて浮彫になり

「住みやすい住まい」とは何か?

が見えてくるのではないでしょうか。

そして、ありきたりじゃない
お洒落な住宅を目指す為、
現状打破する為にも

俗に言う住宅雑誌だけではなく

ファッション誌や旅本、
アート系の雑誌etc…..

一見、建築とはかけ離れているジャンルにも
目を向けてみる事で

新たな色使いや素材に出会えたり、
あぁーこの照明や
空間バランスを取り入れたい!!!

というヒントを得ることが出来ます。

ただし
情報が溢れている今、

それを編集する事が中々ご自身で
出来ないことが
悩みになる事もありますよね…

困った時は私たちを頼ってください。

私たちも時折

昔のお気に入りの雑誌を
引っ張り出しては
読み耽るアフターファイブ

今日も
新たなヒント探しの旅は続きます。


お花で部屋のイメージチェンジ!

お部屋のイメージや気分を変えたい時に、お花を飾る方もいらっしゃると思います。

 

お花はインテリアのイメージチェンジにすごくぴったりです!

 

 

 

・短い期間だけなのでビビットなカラーにも挑戦しやすい!

家具やリネンで派手な色を急に取り入れるのは勇気がいりますよね。

まず気になるカラーをお花で試してみてはいかがでしょうか?

 

 

・1輪だけでも!

お菓子の入っていた空き瓶やグラスに1輪さりげなく飾るだけでも空間全体が素敵な印象になります。

また今はおしゃれな一輪挿しもたくさんあり、お気に入りを探すのも楽しいですね!

 

 

 

 

 

春はかわいらしいお花がたくさん並びます。 季節を取り入れて、より素敵なお部屋作りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ