home > ブログ > CASA x CASA

BLOG

CASA x CASA

ポーチ床は板張りで

最近ポーチ階段の板張りが増えてきてます

外壁の羽目板はアクセントとして 古くからよく

施工していましたが

その外壁の羽目板には このポーチ階段の板張りは

雰囲気が良く合います

ポーチ床は タイルが一般的ですが タイルだと固いイメージも

ありますし この時期 雪などでさらに滑り易いです

転んでも痛いですし・・・

板張りは柔らかい感じが出ます 道南杉なので 実際柔らかいです

転んでもタイルよりは 痛くないですね

木材保護塗料による メンテナンスも簡単です

自然素材がお好みの方には おすすめです

 

 

暖房について

今日は暖房について。

どのような暖房器具を思い浮かべるでしょうか?

ストーブ、寒冷地エアコン、パネルヒーター、床下放熱器や床暖房、

見た目もおしゃれなペレットストーブなど、沢山の種類がありますね。

昨年の地震では電気が使えなかったことから、

ポータブルストーブが連日売り切れ状態となりました。

 

↑ 写真のアラジンストーブも電気が不要な為、いざとなった時も使えます。

 

 

そして、使わない時もこうして置くだけで、インテリアにもなります。

見た目も暖かいのでおすすめです。

現場を彩る

今朝、会社に大きな荷物が届きました!

 

 

?!!!

 

 

おそるおそる開けてみると

 

 

素敵な様子が伺えました。

 

 

これはもしや??と思いさらに中を覗いてみると

 

 

 

 

 

写真だとちょっとわかりにくいですが、

絶妙なグレーに手書き風の文字で何やら書かれています。

『 We build your smile 』

 

 

デザイン担当に聞いたところ、

 

これはいわゆる

 

”現場演出”用のシートとのこと。

 

 

 

これから着工するおうちの顔となる

お洒落なシートは全2種類あるそうです^^

 

 

 

リヨ・デ・ホームの現場を見かけた際は

新しい現場演出にも注目してみてください。

 

 

 

空間を仕切るもの

空間を仕切るものとして真っ先に思いつくのはドアと壁。

他にどんなものを思い浮かべますか?

 

まずは、室内窓。

インテリアとしてもかっこいいですが、明かり取りや空間を広く見せる効果もありますね。

 

そして、筋交い。

構造上必要なものですが、ただの壁にするのではなくそのまま見せることで空間の一体感も出ます。

 

この筋交いにアレンジを加えると…

筋交いの部分に壁を付け足し、黒板塗装で仕上げるとまた全然違う雰囲気に!

 

ほかにも、ルーバーで仕切ったり…

 

ブルーウッドでアクセントを付けてみたり…

 

木毛板もおしゃれですね!

 

他にも、アイアンのカーテンポールを取り付けて布で仕切ったり、入口をアーチにしてみたり…

 

シンプルに「空間を仕切る」と言っても、アイディア次第で一気に個性的になります。

どんな風に暮らし、過ごしたいかによって空間の作り方も様々ですね。

考えるだけでもワクワクします^^

プレゼンテーション

お客様とのお打合せを進める中で、 とても楽しみな瞬間として、

初めてお家のプランをお見せする、という場面があります。

 

 

リヨ・デ・ホームではお客様ひとりひとりの為のプランを とても大切に考えています。

同じ人が2人といないように、同じお家は2つとありません。

そんな大切な新居のプランを初めてお見せするとき、

なるべく想像がしやすいように インテリアの内観イメージをCGで作成し、ご提案をしております。

 

 

 

その内観のイメージを作成するCGのソフトを 夏ころにバージョンアップしたので、

作成例をほんの少しだけお見せいたします。

 

 

 

 

技術としてはまだまだではありますが、

よりお客様が新しいお家をイメージしやすく、 新しい生活をワクワク思い浮かべられるように、

これからも色々な方面から努めていきたいと思っております。

 

工事検査

つくりものにどうしても必要なのが品質管理です。

品質管理にもいろいろな項目がありますが、検査もその

ひとつです。

家づくりにもいろいろな検査があり、その検査をクリア

しないと次の工事に進めないようになっています。

JIOさんの検査も そういうシステムになっているので

一定な品質の建物が完成する工程になっています。

検査員の方が 非常に厳しい目で 隅々まで検査する

ので安心ですが、さらに社員も検査をしています。

同じ項目の検査でも、違うもう一つの目で検査をします。

職人さんたちが 心を込めて作り上げたものですから、

私たちも 心を込めて検査をしています。

 

 

ワクワクする家づくり

休日にふと、

 

仕事への向き合い方について考えることがあります。

 

 

we build your smile.
家づくりは、笑顔づくり。

 

これは、リヨデホームの軸となる家づくりへの思いですが、

お客様とお打合せをしている時に

ただ淡々とこなしているだけでは笑顔づくりは出来ないと思っています。

 

もっとアンテナ高く、深呼吸をして

より良いご提案が出来るように

 

お客様が新しいおうちに住むワクワク感を

想像していただけるように

 

 

日々勉強なのですが

 

 

今日、LIXILさん主催のセミナーで

今話題の荒井詩万さんのお話を聴くことが出来ました。

 

 

そこで今までやってきた事が間違ってはいなかったことと

毎回頭をフラットにして

いつでも新鮮な目線でご提案をしていかなくては!!と

 

とっても良い刺激をいただいてこのブログを綴っております。笑

 

 

今週末も沢山のお客様とお会いする時間が待っています。(ありがとうございますm(_ _)m)

どんなお話が聞けるのか、今からワクワクがとまりません。

 

雑誌に掲載されました!

8月21日に発売した、 ”SUUMO注文住宅 北海道で建てる”2019秋号に

リヨ・デ・ホームのモデルや実例が掲載されています。

 

 

 

 

 

今回はリヨ・デ・ホームの年代ごとの コンセプト提案のについての記事など、

いつも以上に見ごたえがたっぷりです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この表紙を書店などで見かけたらぜひお手にとってみてくださいね!

暑い男

連日30度超えの日が続いておりますが

どんなに暑くても

炎天下でも

大工さんは頑張ってくれています。

一言の文句も言わずに・・・・。

 

窓について

ここ数日、暑い日が続いていますね。

窓を全開にして、少しでも室内に風を入れたいですよね。

今日はそんな「窓」についてのお話を少ししたいと思います。

 

先日、機会をいただき、LIXIL様の樹脂サッシの工場へお邪魔してきました。

普段なかなか見ることのできない、工場のラインや

あまり採用したことのない、珍しい開き方の窓を見学することができてとても勉強になりました。

 

 

窓は風や光を入れるだけでなく、

出入り口になることもありますし、家の印象を変えるアクセントにもなりますし、

色々な用途をもっています。

モデルハウスやまだお客様が暮らしてない建設途中のお家でも

ひとつひとつの窓がどんな意味を持って取り付けられたのか、どうしてこの位置につけられたのか考えると、

なんとなく「暮らし」が想像することができて、とても楽しいことだなと思いました。

 

このページの先頭へ