home > ブログ > THE CREATION

BLOG

THE CREATION

やわらかく仕切る

部屋の中を「仕切る」といえば「ドア」や「壁」を想像すると思います。

 

ただドアや壁は本当に必要でしょうか。

 

 

 

 

なんとなく空間をゾーン分けしたい場合。

 

壁でなく筋交にすると空間が広がって見えます。

 

 

 

 

ドアがいくつも並ぶ場合。

 

ひとつをカーテンにすることで少しやわらかいイメージになります。

 

 

 

 

 

色々なアイディアを取り入れることで、イメージはどんどん広がっていきます。

 

空間を仕切るもの

空間を仕切るものとして真っ先に思いつくのはドアと壁。

他にどんなものを思い浮かべますか?

 

まずは、室内窓。

インテリアとしてもかっこいいですが、明かり取りや空間を広く見せる効果もありますね。

 

そして、筋交い。

構造上必要なものですが、ただの壁にするのではなくそのまま見せることで空間の一体感も出ます。

 

この筋交いにアレンジを加えると…

筋交いの部分に壁を付け足し、黒板塗装で仕上げるとまた全然違う雰囲気に!

 

ほかにも、ルーバーで仕切ったり…

 

ブルーウッドでアクセントを付けてみたり…

 

木毛板もおしゃれですね!

 

他にも、アイアンのカーテンポールを取り付けて布で仕切ったり、入口をアーチにしてみたり…

 

シンプルに「空間を仕切る」と言っても、アイディア次第で一気に個性的になります。

どんな風に暮らし、過ごしたいかによって空間の作り方も様々ですね。

考えるだけでもワクワクします^^

雑誌に掲載されました!

8月21日に発売した、 ”SUUMO注文住宅 北海道で建てる”2019秋号に

リヨ・デ・ホームのモデルや実例が掲載されています。

 

 

 

 

 

今回はリヨ・デ・ホームの年代ごとの コンセプト提案のについての記事など、

いつも以上に見ごたえがたっぷりです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この表紙を書店などで見かけたらぜひお手にとってみてくださいね!

収納を考える

本日は、今月末に着工を控えているお施主様との

打合せでした。

 

ご主人がDIY好きということもあり

 

様々な道具を収納したり

 

今現在も沢山のアイディアで収納を楽しまれている為、

新居でもこだわって収納や仕上げを考えたい!というご希望をいただきました。

 

 

ご主人自ら収納ボックスや道具たちの寸法を細かく測ってきていただき

その寸法に合うように私たちも提案書を作成しています。

 

提案書=「展開図」

 

と呼ばれる図面を使いながら

 

『ここはこの箱を収めるので、40センチあけておきましょう』

などとスケールを使いながら立体をみんなで想像して

作り上げていく打合せは

 

エネルギーをいつも以上に使いますが、

 

 

出来上がった時のことを想像し

今の大変さもきっと笑顔に換算される日が来るのかな。と思うと

俄然やる気が出てきます。

 

家づくりは、考えることが沢山あるので

苦しいな~と思う時もあるかもしれません。

 

 

でも、その苦しみを笑顔に変えられるように

私たちがサポートしていきまので、お悩みはお気軽にご相談ください^^

「ベランピング」

「グランピング」というワードを耳にしたことがあるでしょうか。

 

「グランピング」とはアウトドア好きの間で話題になっている体験型の旅行のことで、

【グラマラス(魅力的な)】と【キャンピング】を掛け合わせた造語のようです。

 

 

近ごろ、このキャンプの屋外ならではの不自由さを解消して、

より快適にすごしながらも自然の心地よさを体感する「グランピング」をより手軽に!ということで、

「ベランピング」というスタイルも人気になってきています。

 

 

その名前の通り、家のベランダや庭で気軽に楽しめるアウトドアスタイルのことで、

なかなかお出かけの都合をつけにくい方にもおすすめです。

 

家のそばなので、お仕事終わりに夜からでも。

ランタンなどで空間を演出しながら星空を眺めたりしても素敵ですよね。

 

 

 

おひとりでもご家族でも、ゆったりとした時間を過ごせる 「ベランピング」ぜひ試してみてください。

 

スマートキーについて

新築やリフォームをお考えの方はスマートキーにしたいという方も多いはず。

スマートキーには、

カードやシール、スマホをかさずシステムのもの、

ドアノブのボタンをタッチするシステムのもの、

鍵を持って近づくだけで開くシステムのものがあります。

車と同じような施錠が出来てしまうのです。

小さいお子様がいる世帯や、荷物で手がふさがっている時などとても便利ですよね。

鍵をいちいち鞄の中から探す手間も省けます。

スマートキーは初期費用は少し掛かりますが、それ以上の価値があると思います。

もちろん今もスマートキーではなく、通常の鍵にされる方も多いです。

 

ライフスタイルにあった鍵選びをしてみてくださいね。

 

 

ちなみに弊社もスマートキーです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

台風が近づいてます!

皆様、その後地震の影響の方は落ち着かれてきましたでしょうか?

まだ、余韻が残っている中大きな台風が接近する可能性があるようです。

前回同様色々な被害が出る恐れがありますので

ご自宅の周りに飛びそうなものなどがありましたら中へ入れる、

買い物などは明日の午前中までに済ませる、など準備をお願いいたします。

リヨでも、現場などの近隣にご迷惑が掛からないよう

しっかり体制を整えます!

皆様、気を付けましょう!

 

 

店舗リフォームが完了しました!

この空間が約1か月半で変わりました。

美容室の改修工事をさせて頂きました。

パースはこんな感じで

これからパースのような飾りつけをして

9月のオープンを迎えるそうです。

次回伺ったときにはお店のご紹介もできるよう

もっと写真など撮ってこようと思います!

苫小牧市美園町2丁目 「Life Hair Akira」さん

お近くの方はぜひ!おすすめはヘッドスパです!!

 

 

照明電球の使い分け

LED電球や蛍光灯の色には「昼光色」「昼白色」「電球色」「温白色」に分けられます。

使い分けとしては

「昼光色」は寒色系の青っぽい色なので部屋をすっきり明るくし、勉強部屋や書斎などに適しています。

「昼白色」は太陽に近い自然な色で部屋を明るくするので、洋服選びや化粧をするときなどに向いています。

「電球色」は温かみのある落ち着いた光なので、寝室やリビングなどに適しています。

また料理がきれいに見える色なので食卓などにも適しています。

「温白色」はやや赤みを帯びた白で、電球色と比較すると、やや白っぽい色となっており電球色では明るさが足りないという場合に使われています。

 

照明の色で部屋の雰囲気もぐっと変わりますので、用途にあった使い分けをおすすめ致します。

 

 

最近のガスコンロについて

新築・リフォームの際に、こだわって選ばれる方もおられる

キッチンのガスコンロ。

最近のちょっといいコンロには「ごはん」モードが搭載されています。

電気炊飯器が主流ですので、この「ごはん」モードを使ったことがない方も

多いと思います。

そこで、ぜひ一度試していただきたいと思いご紹介いたします。

 

私の家では、必ずこの「ごはん」モードで炊飯します。

 

美味しいご飯になるためには「火力」が不可欠となりますが

コンロには電気炊飯器を上回る火力があります。

では、美味しく炊くためには・・・・・・。

私の思うポイントを紹介したいと思います。(かなり個人的な意見になってます)

 

① とぐ ・・・ といではダメという方も多いですが、必ずとぎましょう。

       1合につき10回程度、米粒がくだけない程度の力でといでください。

② 洗う ・・・ あまり洗うと旨みが無くなるといいますが、洗ってください。 

       洗いが足りないと、糠の匂いが気になります。好みにもよりますが・・・。

③ 鍋 ・・・ 炊飯専用鍋も販売されていますが、一般の鍋でもOK。

       出来るだけ厚いものを選んでください。専用鍋を上回る場合もあります。

④ 水 ・・・ 浄水器がある方はそれで構いませんが、無い方はミネラルウォーター

       を最後に使ってください。(必ず軟水系のものを)洗いは水道水で構いません。

⑤ 水の量 ・・・ 米は秋に収穫され、だんだん水分が抜けていきます。

        新米から遠ざかるにつれて、水の量を少しずつ増やしてください。

⑥ 砂糖 ・・・ 米自体が美味しくないと感じた場合には、小さじ一杯の砂糖

        を入れてください。ガラッとかわります。反則かもしれませんが・・。

⑦ 思い ・・・ 「うまい」と思って食べてください。だいたい美味しくなります。

 

もしかすると最後の「思い」が大切かもしれません。

家づくりへの「思い」もきっと同じのように思います。

思いがあればきっと素敵な家づくりになるのではないでしょうか?

 

 

このページの先頭へ