home > ブログ > CASA x CASA > トイレを空間としてみてみる

BLOG

トイレを空間としてみてみる

今日は、偶然にもトイレのことを考える時間が

沢山重なりました。

その中で感じたことをつらつらとつづってみたいと思います。

 

 

いきなりですが、みなさんにとってトイレに行く目的って

どんな時ですか?

 

 

 

それは当たり前に用をたすときに行く

というのが一番だと思うのですが、

それ以外にもトイレに行く目的があるのでは?という

 

”トイレ空間の価値”

 

が今、見直されているように感じます。

 

 

 

無意識に行っているので

トイレに行く時の目的なんて考えたことなかったよ!!と思ったのですが、

 

今日、LIXIL主催のセミナーでも同じような事が

提唱されていました。

 

 

私にとってのトイレの時間は

一人になる時間、考え事をする空間、気持ちをリセットする空間、本を読む空間

 

として利用していたかなと思います。

 

 

私は読書が好きなので

片時も離れたくないと思ってしまうほど家のいたるところに本があります。

 

 

トイレは私にとっての図書館

 

でもあったりするのです笑

 

 

 

そういった、本来の目的ではない使われ方をすることで

『空間』としてもっともっと充実したものを私たちコーディネーターも

ご提案をしていくべきなのでは?と考えます。

 

 

 

人それぞれ、トイレの目的

 

は異なると思いますが、みなさんの生活のいち部であるトイレ空間について

 

じっくり考えてみるのも面白いな~と

 

 

 

今日のセミナーで謎のボックスに入って

思ったのでした。

 

ちょっと、リヨデホームでもトイレ空間について

これから話し合ってみようと思います^^

 

 

 

このページの先頭へ