home > ブログ > CASA x LABO > 吹抜のある空間

BLOG

吹抜のある空間

リヨでは、吹抜のご提案をすることが多くあります。

役割としては、光を取り入れるという部分が多いかと思います。

札幌の場合、狭小地での建築も多く、どうやって光を取り入れるかを考えた際、とても有効になりますよね。

そこでよく聞かれるのが「吹抜があると寒くないですか?」というご質問です。

これはあくまでも個人の体感によるもので、なかなか数値で表すことが難しいとお答えしておりますが、

暖かい空気はどうしても上に行ってしまいますので、なんとなくリビングが寒い気がしたり。

天井が高い分気分的にそう感じたりもするように思います。

そんな時は、吹抜の天井にシーリングファンをお付けすることをお勧めしたりもします。

いまは色々な形もありますので、LABOの空間にもばっちり。

冬は暖かい空気を下におろしたり、夏は涼しい風を感じることもできると思います。

吹抜をご検討する方は、ぜひ参考にしてみてください。

掃除というデメリットも忘れずに。。。(泣)

このページの先頭へ