home > ブログ > OTHERS > 家と「老い」について考える

BLOG

家と「老い」について考える

突然ですが、現在の日本は

高齢化率27.7%の超高齢社会です。

4人に1人以上は65歳以上なのです。

これからお家作りを検討されている方、

すでに建てた方、、大多数の方は最期までずっと

慣れ親しんだ我が家で過ごしたいと思います。

今は時代が進み、住宅のバリアフリー化や各種福祉用具、

住宅改修なども介護保険制度を通して利用できる様になりました。

ただ、一番大事なのはどれだけ「健康」で年を重ねられるか。

ではないでしょうか?

暮らしやすい環境も大事ですが、過剰にやりすぎると

体が弱ってしまったり…

逆に毎日階段の昇降をしたり

段差を意識して生活してみたり、

そういう、あえての暮らしは

健康には寄与してくれるかもしれません。

住宅も健康もバランスを大切に。

大切なお家と永く過ごせる生活をしたいですね。

このページの先頭へ