home > ブログ > 2019年09月

BLOG

2019年09月

工事検査

つくりものにどうしても必要なのが品質管理です。

品質管理にもいろいろな項目がありますが、検査もその

ひとつです。

家づくりにもいろいろな検査があり、その検査をクリア

しないと次の工事に進めないようになっています。

JIOさんの検査も そういうシステムになっているので

一定な品質の建物が完成する工程になっています。

検査員の方が 非常に厳しい目で 隅々まで検査する

ので安心ですが、さらに社員も検査をしています。

同じ項目の検査でも、違うもう一つの目で検査をします。

職人さんたちが 心を込めて作り上げたものですから、

私たちも 心を込めて検査をしています。

 

 

秋の夜長を楽しむ

日が暮れるのもすっかり早くなり、夜の時間が長くなりましたね。

立秋から冬至まで(12月中旬~下旬)までが1年で日が短く、

秋の夜長など言われております。

 

おすすめの過ごし方と言っても人それぞれにあると思いますが、

お風呂に入ってゆっくり体を休めたり、

好きなTVやDVDを見たり、

家族でゆっくり食事をしたり、

夜更かししない程度に、寒い冬に向けて

心身共にリフレッシュして過ごしたいですね。

イタリア料理の日

今日9/17は、『イタリア料理の日』なんだそうです。

イタリア料理といえば、ピザやパスタなど馴染み深いメニューが思い浮かびますが、一から作るには少し手間がかかりますよね。

そこで簡単に出来るイタリア料理、アクアパッツァをご紹介します。
オリーブオイルとニンニクで魚に焼き色をつけ、彩りよく野菜とアサリを並べて少量の白ワインとお水で蒸し焼きにすれば完成です!

簡単なのに見栄えよく、おもてなし料理にピッタリです。
おうちにご友人を招いてホームパーティなどにいかがでしょうか?

インダストリアルタイル

少し前から「男前インテリア」「ブルックリンスタイル」「インダストリアルインテリア」

というスタイルが流行っていますね。

最近は100均でもブースがあったり、そういったインテリアに合うグッズや

デザインのものが増えていますよね。

CASA×LABOもインダストリアル要素を住宅に取り込んだブランドです。

 

白石中央にあるCASA×LABO20’のモデルには、キッチンの後ろに

平田タイルさんから出ている、その名も「インダストリアルタイル」を一面に施工し

インパクトある空間になっています。

 

ほかにもインダストリアルなタイルは無いものか・・・と検索していると、

メタルインダストリアルネロ

というタイルが引っかかりました!

メタルでインダストリアル!?とクリックしてみると・・・

 

こちらはサンワカンパニーさんから出ている

工事現場の鉄板のような模様のタイルで、とてもユニークですね!

かっこいい~~!

こんなタイルを取り入れたら一気に男前空間になること間違いなし!

 

 

 

 

電球の効果

恥ずかしながら、照明の色にそれぞれどんな違いが、

どんな効果があるのかを最近知りました。

 

照明の色は大きく分けると3つに分かれるようです。

昼光色~少し青みが勝った白色

電球色~オレンジ色の混ざった白三色

昼白色~太陽光に近い白色

 

昼光色は一番光を強く感じる色で、昼間のような明るさをイメージした色。

部屋全体をはっきり見せる効果が。

強い光は脳に刺激を与えて活性化され、集中を促してくれる効果が。

 

電球色は赤みがかった色が特徴で、刺激の少ない柔らかで暖かい光になります。

就寝前に灯すとリラックスでき、心地よく眠れます。

 

昼白色はほかの色を混ぜずに白色そのままを明りとして用います。

癖のない色で部屋を照らすので、お部屋をありのままの色で照らしてくれます。

その他にも各色にはこんな効果が

 

食卓が美味しく変わる~柔らかく照らす電球色を食卓で使うと料理に美味しそうな

色味が加わります。さらにリラックス効果を加わるので、美味しく食べて楽しく語らう場に!

 

子供が勉強する子に~集中力を引き出す昼白色。上から照らすと更にその効果が上がるそうです!

 

人の心をコントロール?~青色の街灯は人の心を冷静にさせる効果があるとされています。

実験的に町の街灯を青色に変えたらその町の犯罪率が減少した例もあるとか。

 

照明の電球自体にもさまざまなタイプがあり、それぞれ用途・背設置場所によって

何が最適かを考える必要が大いにあるのですね!

 

そんな観点からもモデルやオープンハウスの際には着目して

見てみるのも面白いと思います!

 

 

ワクワクする家づくり

休日にふと、

 

仕事への向き合い方について考えることがあります。

 

 

we build your smile.
家づくりは、笑顔づくり。

 

これは、リヨデホームの軸となる家づくりへの思いですが、

お客様とお打合せをしている時に

ただ淡々とこなしているだけでは笑顔づくりは出来ないと思っています。

 

もっとアンテナ高く、深呼吸をして

より良いご提案が出来るように

 

お客様が新しいおうちに住むワクワク感を

想像していただけるように

 

 

日々勉強なのですが

 

 

今日、LIXILさん主催のセミナーで

今話題の荒井詩万さんのお話を聴くことが出来ました。

 

 

そこで今までやってきた事が間違ってはいなかったことと

毎回頭をフラットにして

いつでも新鮮な目線でご提案をしていかなくては!!と

 

とっても良い刺激をいただいてこのブログを綴っております。笑

 

 

今週末も沢山のお客様とお会いする時間が待っています。(ありがとうございますm(_ _)m)

どんなお話が聞けるのか、今からワクワクがとまりません。

 

月明り

ブログに何を書こうか・・・と思いながら、書く内容を考えるため

事務所の外へ出てみたのが18:30過ぎ。

空を見ると月が雲から顔を出していました。

月明りが好きなのでしばし眺めてました。

今日は気温は高かったのですが日が落ちるのが早くなったということは

もう秋が近づいていると感じました。

秋の月と言えば「十五夜」です。中秋の名月ですね。

そこで、十五夜について調べてみました。

今月の9/13が十五夜だそうです。

十五夜が満月とは限らないということも知りました(9/14が満月です)。

そしてなんと、十五夜自体は毎月あるそうです。

中秋の名月が9月、ということなのでしょう。

月明りがなぜ柔らかくて奇麗なのか自分なりに考えてみました。

月は自分から発光しない星です。月明りはそもそも太陽の光が当たっているから

明るいのですね。

月の明かりが優しくて美しいのは宇宙規模の間接照明だったからなのだ、と思いました。

部屋のメイン照明を消して間接照明だけにすると落ち着いた空間になり、間接照明だけでも

結構明るく感じます。それと同じように

もっと街の明かりが無いところで中秋の名月を見たらもっ明るく感じるのでしょう。

 

白石中央モデルは今月も予約制でナイターオープンハウスを行っております。

リヨ・デ・ホームのモデルハウスで月を見ませんか。

 

 

雨を楽しむレインブーツ

9月に入ってからというもの、昼間は直射日光が照りつけ、夜になると一気に冷え、

天気雨が降ったり何かと不安定なお天気が続いています。

皆様の中にも、雨対策はバッチリ!という方も多いのでは?

ちなみに、私は車内に傘を3本ほどと長靴を常備しています。

これは、雨対策というよりも、ない!と思うたびに買って溜まってしまった傘と、草むしり用の長靴なのですが…

 

最近売られているレインブーツは、オシャレでスタイリッシュだなーと思います。

オシャレなレインブーツの代表格といえば、HUNTERのレインブーツですね。

ロングのものやショートのもの、色も形も種類がたくさんあって、季節問わず履いている方も流行った当時は多かったように思います。

今では定番中の定番ですね。

 あとは、野鳥の会のコンパクトになるレインブーツ。

こちらも、アウトドア好きの方などから絶大な支持を受け、リーズナブルでコンパクト、そしてオシャレという3大要素を兼ね備えたステキブーツですね。

忘れてはいけないのが、北海道小樽市に拠点をかまえる、ミツウマのレインブーツ。

レインブーツといえばミツウマ。そんな思い出もあります。

最近ではオシャレなレインブーツのラインナップが増え、ブームになりました。

実用的なものからファッション性の高いものまで幅広く取り揃えられています。

こちらは、ガーデナーのためのレインブーツだそうで、柔らかく履きやすいのが特徴だそうです。

 

おしゃれなレインブーツは、玄関インテリアのアクセントにもなります。

リヨ・デ・ホームのショールーム入り口の階段下ディスプレイにもHUNTERのレインブーツが飾られているのをご存知でしょうか?

 

レインブーツの中からフェイクグリーンを垂らしてもてもいいですし、観葉植物と並べてもオシャレだと思います。

開放的な玄関のアクセントとして、オシャレで実用的なレインブーツを置いてみてはいかがでしょうか?

アフターメンテナンス 

アフターメンテナンスの対応で圧倒的に多い項目は

クロスの不具合になります。

その中でも必ずといっていいほど発生してしまうのが

クロスの隙間が開いてきたという内容です。

木材が乾燥収縮してしまうため クロスが引っ張られて

起こることですから自然現象に近いです。

見た目だけの問題ですので 2年点検などで職人さんに

よって対応させていただいています。

ですが、職人さんしか出来ない作業でもありません。

(職人さんは上手ですが、凄いのは速さです。)

器用な方で 気になるところをご自分で直されている

方もいらっしゃいました。

ホームセンターでボンドコークを買ってきて 私たち

社員も事務所やモデルハウスの気になるところを直し

たこともありますが 上手くいけば気持ちがいいです。

挑戦してみる場合は まずは目立たないところからが

いいかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

備えてますか?

9月に入りトンボがたくさん飛び秋らしさを感じます。

9月といえば去年の胆振東部地震。

真夜中の大地震は本当に怖かったです。

ブラックアウト、液状化被害、土砂崩れ

その前日には台風被害も起こりました。

立て続けの自然災害。

当たり前に過ごせることが何よりも幸せな事なんだと、

改めて知ることができた日々でした。

 

最近流れているACジャパンのCMご存じでしょうか?

 

「2018年、9月6日。北海道胆振東部地震。あの時、みんな思ったはず。

懐中電灯用意しなくちゃ!

ラジオ用意しなくちゃ。

水も買わなくちゃ。

ストーブも用意しなくちゃ。ライト買わなくちゃ。食料も備えなくちゃ。

あの、「やらなくちゃ!」は、今、どうなっていますか。

災害は忘れたころにやってくるから。やらなくちゃ!は、ちゃんと

やらなくちゃ!」

 

 

災害に備えて1日1日を大切に過ごしたいですね。

このページの先頭へ